美術を生かしたお仕事!グリーンコーディネーターとは?クリエイティブな職種から、適職をみつけよう!

母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

こんにちは!

母画家道Rinです。

美術を生かしたお仕事、クリエイティブな職種でお花や植物が好きな人の適職には、

 

フラワーデザイナーというお仕事がありますが、

他にも、

華道教授

植木職人

盆栽職人

庭師

庭園設計士

グリーンコーディネーター

ランドスケープアーキテクト

などがあります。

今日は美術を生かしたお仕事、クリエイティブな職種から

グリーンコーディネーターについてご紹介していこうと思います。

 

グリーンコーディネーターとは?

グリーンコーディネーターとは、観葉植物の知識を持っていて、観葉植物を使って、家庭やカフェ、レストランなどの飲食店や小売り店などのお店、ホテル、オフィス、商業施設、イベント会場などを演出するお仕事です。

 

グリーンコーディネーターに必要なモノは、観葉植物の種類や栽培・管理方法に関する知識やノウハウに加えて、インテリアやエクステリアのデザインセンス、植物と照明の関係、エコロジーと環境の知識などがあります。

また、顧客に伝わるようにわかりやすくデザイン案を伝えるプレゼンテーション力や仕入れや搬入と言ったマネンジメント力や重い観葉植物を運ぶ体力、丈夫な体もとても大切な力です。

職場は、フラワーショップや園芸店、インテリア会社、植物リース会社などのほか、フリーランスで働く人も多いです。

 

経験や知識がなくても就職はできるけれど、グリーンコーディネーターの養成コースがある専門学校もあるので、そういったところで基礎を学んでいくこともできます。

 

資格としては、

園芸装飾技能士(1~3級)

フラワー装飾技能士(1,2級)

などがあります。

 

こういった資格を取っておくのも、就職するときやフリーランスで独立するときも、有効ですね。

 

まとめ

グリーンコーディネーターというお仕事を今日はご紹介しました。

Rinも植物が大好きで、グリーンの美しさに見惚れてしまうことがよくあります。

お花も素敵だけれど、そういったグリーンを生かした空間は、とても癒やされますよね。

無機質な空間でも、ちょっとした観葉植物があるだけで、空気感もかわってきます。

そういった生活をより豊かにしてくれるグリーンコーディネーターというお仕事は、素敵ですね。

けれど、観葉植物は、大きなものなどもあり、体力勝負であることも知りました。

知識やセンス、マネンジメント力、そして体力とグリーンコーディネーターというお仕事の裏側ものぞけたような気がします。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!