洗面所をどこにする? 固定概念に囚われすぎない

こんにちは!母画家道 Rinです。

ちょっと歯を磨きたいんだけど、、、

お風呂にだれか入っていて
脱衣所にある洗面所を使えない
ということがありませんか?

特に年頃の娘を持つお父さんは
気を使いますよね。
私が中高生の頃を思い出すと
父親が気を使っていたなぁと
思います。

固定概念にとらわれない!

でも、賃貸のアパートや建売の家などほとんどが脱衣所に洗面所がありますよね。
なので、それが当然で当たり前だと
思い込んでいたりします。
でも脱衣所になくてもいいのでは
ないのかな?とふと思いました。

なので

洗面所は脱衣所と一緒にしない!

我が家の間取りで工夫したところのひとつです。
だからといって全然違うところだと
不便なので、脱衣所を出たすぐの
フロアに洗面コーナーをつくりました。
そこはトイレもすぐなので、
動線としてもすごく良いです。

いいところたくさん!

家族が多いと本当にいいです。
脱衣所とは別なので、誰かがお風呂に入っていても気にせず、歯を磨いたり
髪を乾かしたりできます!

お客さんが来た時も、洗面コーナーを
トイレの後などに気軽に使えます。

こんな風に当たり前と思っていること
みんながしていることも
自分のライフスタイルには
合わないこともあります!

自分たちのライフスタイルにあわた家づくり!

こんな風に注文住宅の場合は
自分たちのライフスタイルに
合わせて間取りを考えたりできる
素晴らしさがあります。

サーフィンが趣味の場合は
外に温水のシャワーをつけたり
外から直接、お風呂場や脱衣所に
入れたりなどの工夫ができたり。

ワンちゃんを飼っていたら外に
ワンちゃん用の足洗いをつけたり。

我が家は玄関を10畳くらいに広めにし
洗い場を設置しアトリエを兼ねていたり。

とその人その人のライフスタイルに
合わせてカスタマイズを楽しむと
より楽しい空間が生まれるでしょう!

まとめ

その時、しっかりと自分軸、家族軸を持ち、必要かどうか
検討することも大事ですね。

世界にひとつだけの
家族にとって住みやすい
心地よい空間に出会えますように!

少しでも参考になれば嬉しいです。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!