絵画技法モダンテクニックとは?偶然を生かした技法編

こんにちは。母画家道Rinです!

絵を描くとき、筆で描くだけでなく様々な方法があります。
その中の一つが、絵画技法モダンテクニックです。
絵画技法モダンテクニックには、
 ・意図的な技法
 ・偶然を生かした技法
の2つがあります。

前回は、意図的な技法について記事にしたので今回は
偶然を生かした技法についてご紹介していこうと思います。

偶然を生かした技法とは?

偶然を生かした技法として、
ドリッピング、吹き流し、マーブリング、デカルコマニー、ストリングの
5つがあります。

①ドリッピングとは?

多めの水で溶いた絵の具をたっぷりと筆につけて、画面に垂らします。
筆をトントンと筆を持ってない方の指で軽く叩きながら、落とします。
思いもよらないところに飛ぶこともあるので、新聞紙を広めに引き
汚れてもいい服やエプロンなどでするといいです。
筆を振り落とすようにすると、勢いのある感じになりますが、
周りにも飛び散ります。汚れてもいいように準備をしてから取り組むと
いいですね。

ドリッピングを使った「こども造形教室」の活動の様子↓もご覧ください。

モダンテクニックドリッピング(吹流し)の技法を使って 絵の具に親しもう!

②吹き流し

吹き流しは、ドリッピングの一種です。
ドリッピングと同じように、多めの水で溶いた絵の具を画面にたっぷりと
垂らします。そして、垂れて盛り上がった絵の具のところをストローや口で
吹いて図柄を作ります。
注意:使うストローは、細いものがオススメです。
太いと酸欠になって頭がクラクラしたりするので。

いろいろな方向から、拭くと面白い表現ができます。
紙を斜めにしたりして、絵の具を流すのも楽しいですね。

Rinの主宰するこども造形教室でも、取り組んでいます。

 

③マーブリング

マーブリング用の専用絵の具や溶き油で溶いた油絵の具を
水面に垂らします。
棒でゆっくりとかき回したり、息を吹いて絵の具を動かして模様を作ります。
吸水性の良い紙を水面にできた模様の上にのせて写し取ります。
水は毎回かえます。

マーブリングの絵の具をご紹介!絵画技法モダンテクニックの1つ。裏技もご紹介!中学美術の教科書にも載っているけれど、幼児でも楽しめる!

マーブリングは、日本では平安時代ごろから、

「墨流し」と言われ親しまれてきました。

墨流しは、墨汁を使って行います。

墨の濃淡が美しいマーブル模様を作ってくれます。

詳しくは、

墨流しとは?マーブリング!絵画技法モダンテクニック偶然を生かした技法。日本でも平安時代から使われていた⁈

墨流し(モダンテクニックマーブリング)でマーブル模様をつくろう!

などをご覧ください。

↓動画も作成したので参考にしてみてください!

ドリッピングの仕方を動画で作りました!

デカルコマニー(合わせ絵)の仕方はこちら!

よかったら、ご参考にしてください!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!