もう迷わない、断捨離5ステップ!誰でも簡単にお部屋がスッキリ!

「よーし!断捨離するぞ!」

と息込んだは、いいものの思い出のもの、思い入れのあるものなどが

思い浮かび、断捨離がストップしてしまうこと場合が、多いと思います。

思い入れのあるもの=捨てるのが難しいもの

だからななので、当然のことなのです。

そこで、大事になってくるのが、段階を踏むことです。

これからお話しする5ステップの段階を踏んで行けば、

挫折知らずの断捨離を行える可能性がグッと上がりますよ!

 5ステップとは?

1、モノとして使えないゴミを処分

2、使えはするけど、使っていないガラクタを処分

3、なくても困らない不要なものを処分

4、自分にあわない不適なものはさようなら

5、最後は、自分が不快だと思うものとおさらば

この段階で断捨離をして行けば、自然と厳選されたものが、周りに残ります!

では、一つ一つステップごとにコツなど、これから詳しくお伝えしていきます。

1、ものとして使えないゴミを処分

 使える?使えない?

使えない、使いきれない、壊れている、汚れが取れない

といったゴミ同然のものをそのままにしておくと、

家にも、そこに住む自分にも悪い影響ばかりです。

人は、もともときれいなところが好きなので、ゴミに囲まれて

いるだけで、かなりストレスがかかっているのです。

使いきれない量でストックされているものも、見直していくといいです。

もちろん山間に住んでいたりして、買い物が週末しかできないなど

の場合もあると思います。

そういう場合は、ストックがある程度必要な場合も

あると思います。それぞれのライフスタイルに合わせての適量を

考えることが大切ですね。

2、使えるけど、使っていないガラクタを処分

 使う?使わない?

いつか使うから、、、

もったいないから、、、

そんな気持ちから、処分できないものがたくさんあります。

そして、すっかりその存在すら忘れ去られていって

タンスの肥やしとかしていきます。

すぐに使う、使う予定があるもの以外は、処分します。

3、なくても困らないものは処分

 要る?要らない?

昔は、毎日使っていたけれど、今はほとんど使っていない、

またはそれほど必要性を感じなくなってきたもの、、、、

つまり、関係性が終わったものにも、別れを告げましょう。

例えば、便利そうなキッチンツール!アイデア商品がたくさんありますよね。

けれど、あればあったでもちろん便利だけど、

ないならないで、なんとかなるものもたくさんあります。

もちろん、毎日使うものやないととっても困るものは

取り入れて、キッチンの特等席に収納して、バンバン使いましょう!

また、年に数回だけれど、必ず使うものもとっておいて大丈夫です。

4、自分にあわない不適なものはさようなら

 合う?合わない?

いいものかもしれないけれど、今の自分の好みやセンスに

合わないもの、他に人に見られたらちょっと恥ずかしような

時代に合ってないもの、かつては愛着があったけれど、

今は手にすることすらないものなど、

今の自分のピタッと噛み合っていないのに、ズルズルと

ものを持ってしまいがちですね。

もったいないから、まだ使えるからと

今の自分とズレて要るものを持っていても、結局使わないままです。

もし、頑張って使ったとしても、ズレがあって気持ち良くありません。

清くお別れしましょう!

5、最後に自分が不快だと思うものは、おさらば

 快?不快?

気に入っていたけれど、正直使いづらかったり

使うたびにストレスを感じてしまうもの、

触り心地、見た目、匂い、音、味など五感のどれかに

ちょっとした不快感や違和感のあるもの、

ずっと使ってきたあって当然と思っていたけれど、

ライフスタイルが変わって今の自分とズレてきてもの

このように五感の心地よさに意識を持っていくと

本当に大事なものが、残っていきます。

ものへの執着を手放していくと、清々しい空間が生まれてくるでしょう!

まとめ

家にあるものと向き合いながら、断捨離していくことは

自分と向き合うことと同じことだと気づかされます。

それは、とても大変なことです。

けれど、今回のように5ステップを意識しながら取り組めば、

必ず気持ちの良い空間に近づいていきます。

「ごめんなさい。ありがとう。」と感謝の気持ちを込めながら、

恐がらずに手放していくことが大切ですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

Rinでした。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!