心が軽くなる子育て!理想と現実はちがう!自分らしい子育て。

母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

こんにちは。母画家道Rinです。

「自分の母親がしてくれたような子育てができていない。」

「お菓子も、うわぐつ入れも、お母さんはたくさんてづくりしてくたのに、、、

私は、我が子に買ったものばかり、、、」

こんな風におもったことはありませんか?

Rinは、よくこんな風に思っていました。

Rinの母は、料理も上手く、裁縫も得意で、絵も上手く、母の鏡のような人です!そんな母が、大好きです!

そんな母の理想像は、私の母業にも、大きく影響しているように思います。

母のような子育てをしたいと無意識に思っていました。

その無意識な部分が、知らず知らずに自分を追い込んでいたのかもしれません。

自分は自分、母は母

自分は、母のように子育てができているのかな?

ふと、そう思ったとき、母の姿を理想にしている自分に気づきました。

わかっていたつもりでも、母の姿を追い求めていたのです。

母は母。私は私。

母の真似ができるところは、真似してできないところは、違ってもいい!

私らしい子育てをすればいいんだ!

そのことに気づきてから、心がフッと軽くなりました。

子育ての醍醐味は、それぞれその人らしさやその子らしさ、家庭らしさを大事にすることではないかなと思います。

育児書で学んだ理想像からも、解放されよう!

自分の母親だけでなく、育児書の内容からも影響を受ける人も、少なくないと思います。

Rinも、特に第一子のときは、はじめての出産子育てで、育児雑誌や育児本、育児情報万歳のホームページなど、よみあっさっていました。

そして、いろんな情報に振り回される、できない自分に落ち込むことことも、少なくなかったと思います。

けれど、第二子を出産したあたりから、こんな理想通りには行くはずもなく、いい意味で諦められるようになりました。

それに、できたほどでいいということに気づけました。

できなくてイライラしたり、落ち込んだお母さんより笑って元気なお母さんの方が、子どもは、うれしいことに気づきました。

まとめ

いろんな子どもがいて、いろんなお母さんがいて、お父さんがいて、家庭があって、それがいいと思います。

もちろん、法に触れることや誰かに迷惑をかけることは、いけません。

けれど、そうでなければ、それぞれの子育てがあっていいと思います。

自分が囚われている子育てや母のイメージを一度、隣に置いといて、自分のできる・したい子育てにスポットを当てると子育てが、楽しくなるかもしれませんね。

それに、世界の子育てを見てみるとさらに、ユニークなものがあります。

こんなグローバルな時代だからこそ、子育てももっともっと、自分らしく楽しんでいきたいと思うRinなのでした。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!