心が軽くなる子育て法、偏食編

「がんばれていない、、、。」

毎日、家事や育児をしているとちゃんとやれていないと落ち込んだり、
もっとやらなくちゃと焦ったりすることがありませんか?

追い詰められる偏食

 

例えば、子どもの偏食。
自分自身が食べさせる努力ができていないからだと考える母親が多いと
思います。Rinも、好き嫌いなど、偏食は自分の食べさせ方が悪いのかなと
悩んだり、離乳食をあまり食べてもらえなくて落ち込んだり、
と食に関ししても、色々と悩んできました。
毎日、毎食のことなので、本当に追い詰められそうになります。

けれど、子どもの偏食には、子どもの舌が未発達だったり匂いや味に
敏感だったりという特性があるなど、いろいろな原因があることを
知りました。

保健師さんのあたたかいアドバイス


それに、定期健診で、保健師さんに

「〇〇は食べられるんですね!」

できていることに注目してもらえたのです。

乳幼児期は、なんでも食べれるというのは難しくて例えば、ピーマンの
ような味は、こどもの舌が敏感すぎて嫌がることも多いから、今は食べられ
なくても大丈夫ですよ!と励ましてくれました。

野菜全般、食べられない というのは良くないけれど、ピーマンだけ
食べられないとか、いくつかだけなら全然問題ないですよ。と教えてくれました。

あまり、躍起になってピーマンを食べさせようとすると嫌がって
逆にもっと嫌いになるかもしれないので、ピーマンだけにこだわらず
いろんな食材をいろんな調理法で食べさせていったらいいですよ。
ともアドバイス頂いたので、心が救われたのを今でも覚えています。
そして、

 「お母さんが子どものことを思って悩んでらっしゃることが
十分にがんばっている証しですよ。」

励まし認めてもらえました

まとめ

家事や育児をしていると、周りと比べたり、育児書と現実とのギャップに
呆然としたりすることもよくあります。例えば、定食のような離乳食を雑誌でみたときには、こんなの毎回作れるのか、と尻込みしたのを覚えています。現実には、乳児を脇に毎回できなかったし、できたとしても意外いに食べなかったり笑。

けれど、毎日がんばっている自分を認めてあげることで、心が軽くなり
もっと家事や育児が楽しくなってくると思います。
ついつい、完璧を求めたり、できてない自分に目がいきがちだけど、
全てを完璧にできる人なんていません
親も子どもも、同じ人間。
自分らしい子育てを楽しみたいと思うRinでした。
少しでも、心が軽くなってもらえると嬉しいです!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!