絵画技法モダンテクニック「スパッタリングで『自然のかたちをかんじよう!』

こんにちは。母画家道Rinです!

今日は、小学生を対象にしたこども造形教室(図工教室)の活動のようすをお伝えしようと思います!

今回の活動は、絵画技法モダンテクニックの意図的な技法の一つでもある

「スパッタリング」

を使って制作していきます。

絵画技法モダンテクニックについては、意図的な技法偶然を生かした技法に分けて、記事にしなていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

かテーマ

自然のかたちをかんじよう!

準備物

・ビニール袋

・絵の具セット

・金網(ザルなどでも、代用できます)

・ブラシ(かための歯ブラシでも代用できます)

・画用紙

・新聞紙

・色画用紙(台紙用)

・名札

・ネームペン

活動のようす

① 今日のテーマを確認する!

「自然のかたちをかんじよう!」

T(先生):こんなの集めてみました!(葉っぱや枝、石など)どんな形をしているかな?

② T :今日は、外に落ちてある自然のものを探しにいきます!そして今日の道具にしていきますよ!

あらかじめ、拾っておいた葉っぱや枝、小石などを白い画用紙の上に好きなように置き、ブラシに絵の具をつけて網でこすって、色をのせてみせます。

少し、葉っぱなど置いたものをずらすときれいな形が、霧状に吹かれた絵の具によって、描かれています!

S :わーすごい! きれい! やってみたーい!

③ 生徒の意欲がマックスに高まってきたところで、材料集めに出発!します。

・生き物やゴミなど汚いもの、危険なものは拾ってこないようにします。春をイメージして。

・生えているものではなくて、落ち葉や小石、枝など持ってくるようにします。

・春の空気も忘れずに!吸ってくきまーす笑!

④ 時間や場所を決めて、遠くに行ったり危険なことをしたりしないように気をつけます。

⑤ 材料を持って帰って、画用紙の上に好きなように並べます!

⑥ 米粒ぐらい出した絵の具を、水を少しつけたブラシでときます。

絵の具をつけすぎると網の目が、詰まってきれいに絵の具が散らないので、少なめにブラシにつけるようにするのがコツです!

⑦ 絵の具をのせたい場所の上に(10センチくらい離して)網を置き、絵の具をつけたブラシでこすります。

網が詰まった場合は、新聞紙などで詰まっている余分な絵の具を取ります。

詰まったまま続けていると、ボタっと絵の具が垂れてしまうので、霧状になってないなと思ったら、すぐに余分な絵の具を取り除くようにします。

一箇所、網がつまり気味になったら、他の詰まっていない場所で試してみるのもいいです。

⑧ 一色だけでなく、いろいろな色を重ねていくと幻想的な色合いが生まれます。

⑨ できたら、のせていた葉っぱや石ころをと李ます。

⑩ 好きな色の台紙にはり、名札をつて完成!!です。

まとめ

絵画技法もダナンテクニックの意図的技法、「スパッタリング」を取り入れて、活動してみました。

筆で描くのとは、また違った雰囲気が出て、今回のテーマでもある「はるのカタチをかんじよう!」のように、シルエットを映し出すには、とてもいい技法だと思います。

道具も、専門のものでなくても、歯ブラシやザルなどでもできるので、手軽さも魅力ですね。

もっと、大きい粒を飛ばしたいときは、金網を使わず、ブラシを直接、指ではじけば、もっと大きな粒を飛ばすことができます。

星空を描きたいときや水しぶきを描きたいときなどにも使えます。

ぜひ、知っておきたい技法の一つですね。

 

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!