ステンシル版画で年賀状!子どもでもできる簡単手作りポストカード。

こんにちは!母画家道Rinです。

Rinが主宰するこども造形教室で、今回はイノシシをモチーフにステンシル版画で、年賀状などに使えるポストカードを作ってみました。カッターで切り抜いて版を作り、スポンジでトントンと絵の具をのせていきます。とても、かわいい楽しいイノシシがたくさんできました!

準備物

  • ハガキ
  • カッター
  • カッターボード
  • スポンジ  (今回はメラニンスポンジを使用)
  • 絵の具セット
  • 型紙
  • マスキングテープ
  • ペン、クレヨン、色鉛筆などの描画材
  • 新聞紙

テーマ

ステンシル版画でポストカードをつくろう!

時間

90分

活動の様子

①T(先生):来年の干支はなんでしょう?

S(生徒):干支って何?

T:毎年、子丑寅卯辰巳馬未申酉戌亥 っていう動物の名前が付けられているんだよ。

などと話しながら、来年が亥年だということに意識を向けていきます。

T:今日は、来年のイノシシにちなんで、イノシシをステンシル版画でたくさん刷ってみるよ!

①まず、型紙をカッターで切ります。

カッターの持ち方やカッターボードを必ずひくことなど、注意しながら実演をしていきます。

コツは、カッター自分の方に真っ直ぐ引いてきること

紙を回して、切りやすいようにすることです。

もし間違えて切ってしまっても、セロハンテープで貼ってしまえば、なんの問題もありません。

②切りとった①の型紙をハガキにマスキングテープで、二ヶ所固定します。

③絵の具でイノシシの色を作ります。実際の茶色のような色でもいいし、赤や黄色、緑、水色などなど、カラフルな色でも、面白いですね。水はほとんど入れません。

④スポンジに③の色をつけて、パレットの空いているところでスポンジに色を馴染ませます。リキットファンデーションをスポンジにつけて手の甲で、馴染ませるのと同じ要領です!女性の方なら、わかりやすい例えですね。

⑤④を切り抜いた型の上に、トントンと軽くたたくようにのせていきます。一気に一回でのせようとせずに、色をトントンと回数を重ねて置いていくイメージです。

⑥色を切り口の端の方まで、まんべんなく丁寧にトントンとのせていきます。

⑦1枚目ができたら、2枚目のハガキと入れ替えて、②に戻って繰り返していきます。切り抜いた方の型紙を使って逆バージョンをしてもいいですね。

⑧5、6枚刷ったら、乾かし絵の具セットを片付けます。

⑨乾いた紙から、描画材(ペンやクレヨン、色鉛筆など)で、イノシシの目や毛並みなどを描いたり、あけましておめでとう!などのことば付け加えていき、仕上げていきます。

まとめ

ステンシル版画で、イノシシを刷ってみました。

今回は、限られた時間内での活動だったので、イノシシのシルエットをあらかじめ何パターンか用意しそこから選んで切り取り、ステンシルで刷る方に重きを置きました。

時間が許せば、自分でイノシシなど、刷りたいものを描かせてもいいですね。

カッターの使い方など、低学年や幼児は難し場合もあるので、絵柄もあまり込み入ったものではなくシンプルなものも、取り入れました。

間違えて紙を切っても、セロハンテープで止めれば、なんの問題もないので、木版画など他の版画よりは気楽に取り組めると思います。

刷ろうと思えば、何枚も刷れますので、年賀状にはもってこいですね。ぜひ、お試しください!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!