俵屋宗達「白象図」「風神雷神図屏風」謎多き画師

こんにちは!母画家道Rinです。

今日は、謎も多い俵屋宗達について記事にしようと思います。

俵屋宗達とは?

近世初期に活躍した尾形光琳と並び、称される俵屋宗達だけど、

いつ生まれたかいつなくなったかなど、不明なところが多くあります。

京都で絵画工房「俵屋」を営んでいたのだろうと予想されています。

そこでは、屏風絵や扇絵などの紙製品の装飾をしていたのでは?と言われています。

俵屋宗達には珍しく寺院の装飾

狩野派、長谷川派などと比べると、寺院などの装飾の注文が

少なかった俵屋宗達だけど、珍しく注文を受けた寺院が

養源院[ようげんいん](京都府)

です。

養源院には、俵屋宗達とそのお弟子さんたちが製作した

襖絵12面、杉戸絵8面が残されています。

養源院とは、1594年豊臣秀吉の側室の淀殿が、父である浅井長政の菩提のため創建しました。

一度は火事になり燃えてしまいました。

けれど、1621年、淀殿の妹の崇源院[すうげんいん]の希望で再び建てられたそうです。

崇源院は、二代将軍の徳川秀忠の奥さんだったので、実現できたのでしょう。

大きな権利力を持っていたというのもあるけれど、きっと、お父さん思いの娘たちにだったのでしょうね。

白象図[はくぞうず]

養源院にある「白象図」は、需要文化財でもあり、象が描かれています。

象は、釈迦の脇侍の普賢菩薩が乗る霊獣として描かれることが、多かったようです。

単純化された形や線、色が特徴的ですね。

この他にも、麒麟や唐獅子などの板絵も奉納されています。

象、麒麟、唐獅子など、どれも画面に大きくいっぱいに描くことで、ゆったりとした感じや余裕、重量感などを表現しひています。

まとめ

俵屋宗達の絵の雰囲気は、これ以降もどんどんと進化していきます。

そして

「風神雷神図屏風」などの代表作を生み出していきます。

このような傑作を生み出した俵屋宗達だけど、その伝記は謎も多く、だからこそどんな人物だったか想像も広がるばかりです。

自分の画風を極めていく姿勢を是非、真似したいRinです。

 

 

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!