モネに衝撃を受けた抽象画家カンディンスキー!

こんにちは!母画家道Rinです。

今日は、モネに衝撃を受け画家になった

抽象画家カンディンスキーについ、お話しようと思います。

抽象画家カンディンスキーは、もともと法律家⁈

Wikipediaより

抽象画家ヴァシリー・カンディンスキー(1866ー1944年 ロシア)は

もともと法律家として、お仕事をしていたそうです。

けれど、30歳の時にモネの作品と出会ってしまったのです!

当時、モスクワで開催されていたフランス美術展に

出品されていた印象派のクロード・モネが描いた

「積みわら」

『積みわら – 晴天、朝の効果』, 1890年, 個人蔵 wikipediaより

に強い衝撃を受けました。

そして、それまで法律家として働いていたけれど、

なんとその職を捨てて画家を志したのでした。

法律家になるにも、相当な努力や能力が必要だけど、

それをすっぱりと辞めてしまうというところに驚きです。

それに、画家の収入の不安定さや職として成り立つのかなど、

周りの反対も相当あったと思います。

それだけ、モネの作品「積みわら」から受けた衝撃が

並々ならぬものだったことが、想像できます。

カンディンスキーの代表作

点や線、三角、四角、丸などの幾何学図形が絶妙なバランスで

描かれ、リズムが作り出されています。

カンディンスキーは、具体物を描く(具象表現)とは違って、

音楽を表現する抽象表現に興味を持ちました。

音楽は、純粋な音の連鎖だけで人を感動させる力が、あることに

とても関心が高かったようです。

  • 『Composition VIII』 (1923)  油彩 140×201㎝

『コンポジション』シリーズで描いています。

これは、そのうちの一つです。

ドイツのワイマールに設立された総合芸術学校バウハウスで

教えていたときに描かれました。57歳のときです。

最初は、表現主義的で激しいタッチや強い色使いなどの作品が

多かったようだけど、より洗練された形や構図、配色など

変化を遂げています。

カンディンスキーの「コンポジション」シリーズをみていると

まるで、音楽のハーモニーが聞こえてきそうなそんな不思議な気持ちになりますね。

まとめ

カンディンスキーは、ピエト・モンドリアンやパウル・クレーと

並んで、抽象絵画の創始者と呼ばれています。

カンディンスキーは、印象派モネから強い影響を受けました。

どちらも、光や音と言った、五感から感じる感覚を

とても大事にしていたことが、共通点なのだろうとRinは思いました。

Rinも感覚的な表現にとても強く惹かれるので、気持ちがわかります。

ではでは、Rinもこれから、感覚をフルに働かせて、制作していきたいと思います。

ではでは、また違う記事でお会いしましょう!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!