繊細さん=HSP(Highly Sensitive Person)が生きやすくなる方法

こんにちは!母画家道Rinです。

みなさん

「繊細さん」=HSP(Highly Sensitive Person)

って聞いたことがありますか?

Rinも、最近、コラムを読んでいて、知った言葉です。

「繊細さん」=HSP(Highly Sensitive Person)とは?

診断テストもあって、

<人間関係>

    • 大勢と話すよりも、1対1や少人数で話す方が好き
    • 相手の感情や場の雰囲気を感じやすい。不機嫌な人と同じ空間にいると消耗する
    • 「話を聞いてほしいんだな」「なにか困っていそうだな」など相手のニーズを察しやすい

 

  • ひとに優しく良心的(ごく自然に相手に配慮している)
  • ガツガツした人が苦手
  • 争いごとが苦手

<仕事>

    • 他の人が気づかないような小さなことに気づく
    • 競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
    • 仕事ではミスをしないないようにいつも気をつけている
    • スピードや効率を求められると苦しい

 

  • マルチタスクが苦手
  • ストレスが体調に出やすい
  • 真面目だと言われる
  • 異動や引っ越しなどで新しい環境にうつると、馴染むまで時間がかかる

<体調、感覚>

    • 痛みにとても敏感である
    • 光や匂い、手触り、音などに敏感
    • すぐにびっくりする

 

  • カフェインや食品添加物など、食べ物が体調に影響しやすい
  • 風邪や頭痛、空腹など、体の状態が心に影響しやすい
  • デリケートな香りや味、音、音楽などを好む

<生活>

    • ひとりの時間を大切にする
    • 豊かな想像力を持ち、空想に耽りやすい
    • 悲しいニュースを見ると、落ち込んだり悲しくなったりと影響を受けやすい

 

    • やらなければいけないことがたくさんあると、考えすぎて頭が疲れてしまう
    • 美術や音楽に深く心動かされる
    • ツボにはまると追求する(オタク気質)

 

  • 自然が好き。屋内では窓辺など開放感のある場所が好き
  • 表現することが好き(文章を書く、ブログを書く、絵を描く、歌う、写真を撮るなど)
  • 基本的にはのんびり穏やかに過ごしたい
  • 繊細なところと大雑把なところが両方ある

繊細の森より引用

当てはまるものが多ければ、「繊細さん」であると言えるそうです。

だけど、1つしかなくても、それを強く感じていて、辛いなと思う場合も、「繊細さん」だと言えるそうです。

「繊細さん」はストレスを感じやすい?

「繊細さん」は、テストの項目にもあるように、いろいろなことに敏感なので、ストレスをどうしても、感じやすいです。

Rinも、当てはまる項目が多くて、「繊細さん」なんだと自覚した今日この頃です。

Rinがこうやって生きていけているのも、「美術」と出会えたからなんだなと改めて、感謝したところです。

感受性が豊かなことは、表現するものとしては、とても大切で、重要なことだけど、世の中を生きていく上では、とてもストレスを受けやすいのも事実です。

「繊細さん」のストレスを軽減する方法!

Rinも、「繊細さん」の代表として、「繊細さん」のストレスの強さを身に染みて感じています。

そんな「繊細さん」のストレスを軽減する方法!

それは、

 

「原因に気づく!」

 

例えば、上司がイライラしているとします。

そうすると、「繊細さん」は、いてもたってもいられなくなります。

だけど、その原因は、「繊細さん」には関係のないことがほとんどです。

例えば、「仕事がうまく進まなくてイライラしている」だけかもしれないし、「朝、奥さんと喧嘩してきた」のかもしれません。

自分とは、関係のない出来事に、敏感に反応してもただ自分が疲れるだけです。

上司の「イライラ」の原因が、自分でないことに気づけば、放って置くようにするといいです。

それでも、気になる場合は、少し違う場所で仕事したり、別室で資料を作ったり、など距離をおける場合は、その場を離れましょう。

 

天気に敏感だったりする場合も、

「あ、今日は台風が近づいてきているから、頭が痛いんだな。」

と原因がわかれば、頭痛薬を飲もうとか、今日は早めに帰宅してゆっくり休もうとか対応ができます。

 

そういった原因がわかれば、

「繊細さん」の繊細さに振り回されずにすむ確率がグッと上がってきます。

 

「繊細さん」だと自分で自覚する。

そういった意味で、自分は「繊細さん」だと自覚することはとてもいいことだと思います。

なんだか、疲れやすいな、ストレスを感じやすいな、と思う場合は、「繊細さん」なのかもしれません。

自覚することで、その対応も簡単にできるようになります。

「繊細さん」を生かした毎日

「繊細さん」であることは、悪い事ばかりではなくて、上手に生かせば、とても素晴らしい力だと思っています。

人の気持ちがよくわかったり、表現力があったり、小さな幸せに気づけたり、弱者の気持ちがわかったり、まわりを和ませたりなどなど、たくさんいいところがあります。

そういったところを生かしていけるように、自分をコントロールしながら、居心地のいい場所や空間、時間を作っていけるといいなと思います。

Rinもそうやって、自分らしくいれる場所を日々、更新中です。

画家としての時間も、教師としての時間も、母、妻としての時間も、Rinにとってとても大切です。

また、「繊細さん」については、これからも勉強してアップしていきたいと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!