人の顔色ばかりが気になる、ストレスを感じやすい、その生きづらさ、もしかしたら繊細さん=HSP(Highly Sensitive Person)(Highly Sensitive Children)かも?)

こんにちは!母画家道Rinです。

多かれ少なかれ、多くの人は、ストレスを感じています。

けれど、それが生きづらさになっていたり、子どもだったら、困り感になっていたとしたら、、、

実は、それは

HSP(Highly Sensitive Person)や

子どもだったら

HSC(Highly Sensitive Children)

と言われる「繊細さん」なのかもしれません。

繊細さんについては、

繊細さん=HSP(Highly Sensitive Person)が生きやすくなる方法

に掲載していますので、参考にされてください。

 

この繊細さんと言われる人は、5人に1人の割合でいると言われていて、人間だけでなく動物の世界でもあると言われています。

かなりの高い割合でいるけれど、

繊細さん(HSP、HSC)

と一言で言っても、みんな全く同じようなわけではもちろんなくて、それぞれ違っています。

例えば、

小さなことにも感動しやすい
周りのもの多くに愛情を持っている
自分のことは後回し
他人の気持ちを汲める
芸術的なセンスを持っている
周りが見落としがちなことに気づける
謙虚な姿勢が当たり前
自分の気持ちに正直
何事にも敏感に感じとる
物事の本質を見抜ける

などの特徴があります。

だけど、これ全部揃ってないと繊細さん(HSP,HSP)ではないのかというとそうではないです。

人によって、当てはまらないものあったり、3つしか当てはまらないけれど、それを人一倍強く感じていたりする場合も、もちろん繊細さん(HSP,HSC)なのです。

どの項目も、いいように捉えると、お仕事に行かせたたり、豊かな毎日を送れたりすると同時に、過敏になりすぎると生きづらさを感じてしまったり、疲れて過ぎてしまったり、ストレスを感じ過ぎてしまいます。

なので、自分の特徴として、理解しておいて、ストレスが強くなり過ぎたり、頑張り過ぎたりしてしまわないように、コントロールすることが大切です。

特に日本人は、人の目を気にしすぎるところがあります。

もちろん悪い面だけではないけれど、気にしすぎると生きずらさに繋がっていきます。

法に触れたり、誰かに大変迷惑をかけたり、危険なことでなければ、自分のしたいこと選び、心地よく生きることは、とても大切だと思います。

特に繊細さん(HSP,HSC)は、必要以上に気にし過ぎてしまって、ストレスを強く感じたり、心を病んでしまう場合が、そうじゃない人たちと比べると多くなってしまいます。

なので、そう言った自分の特徴を理解して、無理をし過ぎて、心や身体が壊れてしまわないように、コントロールしたり、回避したりすることはとても大切です。

繊細さんは、感受性が豊かです。

その素晴らしい力をぜひ、発揮して、上手にコントロールして、自分らしく生きられたら最高だと思うのです。

まずは、自分が繊細さんである場合は、それを受け入れて、上手にコントロールして、付き合っていけるといいなと思うRinです。

Rinも繊細さんなので、自覚して上手に付き合いながら、心地よく生きていけるように試行錯誤の毎日です!

 

 

 

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!