バレーボール部キャプテンにみえない?!集団行動が苦手でもなんとかなる!

こんにちは。母画家道 Rinです!

集団行動が得意ではないRInですが、
こう見えて、中学生の頃、
バレーボール部のキャップでした。
大人になって知り合った人には、
よく驚かれるます。
まず、体育会系には見えないそう。左利きなのでそれで目立っていたのもあるかもしれません。

まさかキャプテン⁈

そして、さらにキャプテンなんて
できなさそうだからだと思います。
キビキビしていないのです。
よくおっとりしていると言われます。
自分では、結構ハキハキとしたつもり
でも、おっとりしているねと
言われます。

あとよく言われるのが、

怒ったりするの?

です。もちろん、人間なので
喜怒哀楽はあるので、怒ることも
あります。でも、怒ったりしなさそう
なのでしょう。
割とニコニコしているので、温和に
見えるのでしょう。
そういった印象が強いので
バレーボール部でしかもキャプテン
というイメージからかけ離れている
のでしょう。

バレー部時代

そのキャプテンをしていた
バレーボール部は
中学校からはじめた部員ばかり
でしたが県大会に毎回行くような
その地域では、強いチームでした。
それもそのはずで、とても怖くて
厳くて有名な顧問の先生だった
からです。練習もたくさんあり
朝練、昼練、放課後の練習は当たり前。
土日は、ほとんど練習試合という
感じで、休む暇もないくらいでした。
それは、強くなるよね!
という練習量と練習内容でした。
そして、今だったら捕まってしまい
ますが、体罰も当たり前にありました。
でも、その事件となる体罰のような
感じではなく、先生との信頼関係が
ある上でのその子の成長を考えての
体罰です。
もちろん、病院に行くような激しい
ものではありません。
平手打ちやボールを当てられたりです。
もちろん、体罰に賛成という訳では
ないし、体罰は良くないことだと思います。
でも、その時代に私たちが
強かったのは、語弊を恐れずにいうと
効果的な体罰 があったからかも
しれません。
なので、そのことについて文句を言う
親は一人もいませんでした。
そして、今思えば、先生が大変
だったと思います。ご家庭もあるし
お子さんもたくさんいました。
奥様にも大変な思いをさせていたと
今さらながら痛く感じ、感謝の思いで
いっぱいです。

先日、地元福岡で退職を迎える
恩師を囲む会がありました。
私は遠方で予定もあったので
参加出来なかったですが
多くの教え子たちが集まって
いました。ラインでその時の
写真が送られてきました。
懐かしい同級生や先輩、後輩が
写って楽しそうにバレーボールを
母校の体育館でしていました。

もうあれから。。。

もう、あれから30年近くが
過ぎようとしていますが、久しぶりに
中学校時代のことを思い出し
懐かしんだRinなのでした。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!