ビー玉のおさんぽ そこにかくれているのは⁈

こんにちは。Rinです。

こども造形教室の様子をご紹介しようと思います!

今回のテーマ

ビー玉のおさんぽ

準備物

○絵の具セット
○ビー玉
○新聞紙
○ダンボール
○画用紙
○ネームペン
○台紙用色画用紙
○のり

活動のようす

ダンボールの空き箱に
画用紙を入れてスタンバイ!

ビー玉に絵の具を入れて、
ポトンと画用紙に落として、
さぁっ!出発進行ー‼︎


ひとつを慎重に転がす子、
2、3個同時に転がす子、
同じ色をずっと使う子、
白を色々な色に混ぜて使う子、
水でたくさんといた
絵の具を使う子、
絵の具をそのままつける子、

その子その子の性格や
想いが出ていてみている
だけでもとてもおもしろい!

子どもたちのビー玉を追う
眼差しは真剣そのもの!

2枚3枚4枚とどんどん
取り組みます!

そして、

ビー玉のお散歩でできた
↓をいろんな角度から
じっくりみながら、

あれ、

なにかかくれているよ

あれれっ!

あっ、バッタがいる!
おっきいプリン
おいしそう!
きょうりゅうが
大きな口開けてる!
せんろが通ってる!
お魚がいた!
ちょうちょが飛んでる!

いぬさんがおさんぽ!
えいがおよいでる!

どんどんどんどん
ひらめいて
どんどんどんどん
ネームペンで
囲い、絵の具で
描き足していきます。

かくれていた何かが
現れてきました!

出来上がった作品は
気に入った色の
色画用紙にはり、
名札をつけて完成です!

まとめ

色とりどりになったビー玉も大事に
持って帰った子どもたち
なのでした!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!