母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

ダストボックス(ゴミ箱)こそインテイアにあったおしゃれで実用的なものを!散らからない法則「ダストボックス(ゴミ箱)は、大きめのものをゴミがよく出る場所にあちこち置くべし!」

こんにちは、母画家道Rinです。

ついつい散らかってしまう原因として

「ゴミをゴミ箱(ダストボックス)に捨てない」

が考えられます。

当然といえば、当然のことですよね。

それにゴミをゴミ箱に捨てないなんてなんて非常識なんだ!

とも思うかもしれません。

けれど、そう思った方も、自分の家での行動を振り返ってみてください。

テレビを見ながら、食べていたお菓子の袋、食べ終わってカラです。すぐにゴミ箱に捨てますか?

ゴミ箱がすぐ隣にあれば、捨てると思いますが、ちょっとソファから立ち上がっていって、捨てないといけないとなれば、今はテレビを見ているから、終わってから、、、となりますよね。

そして、終わってからと思っていたけれど、その頃にはすっかりと忘れてしまって、トイレに行ってそのままだったりするわけです。

以外によくあることなんです。

ゴミは、ゴミ箱へ

ゴミはゴミ箱へ

どうして、この当たり前のことができないのでしょうか?

こんな風に頭ではわかっていても、行動が伴わないのは、

ゴミ箱のサイズや数、置く場所が生活スタイルに合っていない場合が多いです。

ゴミ箱のサイズを考えてみると、

ゴミの取集日までにゴミが溢れてしまうならば、これは明らかにゴミ箱が小さすぎます。

ゴミ箱の場所を考えてみると、

戸棚の中にゴミ箱を隠して、ゴミを目に触れさせないようにしているとします。そうすると捨てにくいので、ゴミ箱は目立たないけれど、ゴミが散らかりやすくなると言うなんとも、本末転倒な結果になってしまいます。

ゴミ箱の置く場所で考えると

ゴミがよく出る場所から、何歩も歩かないといけない場所だと面倒になって、ゴミを放置しがちです。家の中、特にリビングなどはリラックスしていることが多いので、なおさら面倒に感じてしまいますよね。

解決するには!

この全てを解決するには、まず、ゴミ箱を大きめのものを選ぶことです。

これで、ゴミの日までゴミがあふれることがありません。

そして、かっこいいゴミ箱を選ぶこと!

デザイン性が高く、ゴミが隠れるくらい大きければ、戸棚の中に隠す必要はありませんね。

最後に、なるべく歩かなくていいようにゴミがよく出る場所を考えて、ゴミ箱を置くことです。すぐ近くゴミ箱があれば、あえてゴミ箱以外のところポイ捨てするはずがありません。たくさん置いても見栄えがいいように、やっぱりデザイン性は重要です。

こんな風に、ゴミ箱は大きめでかっこいいものを多めに置くことです!

ゴミを入れるゴミ箱こそ、オシャレなものを!

お部屋に馴染むものを!

適所に置く!

これでたちまち「ゴミが散らかる!」が解決していきます!

たかがゴミ箱、されどゴミ箱です!

ゴミ箱を見直すのも1つの方法です。

ぜひ、お試しください。

【感謝!】無事に会期を終了いたしました。

たくさんの応援、ご協力 励ましのお言葉、お祝いをいただき ご高覧いただき 作品のご購入、オーダーまでいただき 本当にありがとうございました。 おかげさまでこのような時期にも関わらず 盛況のうちに会期をおえることができました。 これも全てに皆様のおかげです。 感謝の気持ちでいっぱいです。 皆様からいただいた温かいお言葉や大事な時間、空間を胸に これからも、日々「今」を表現していきます。 どうぞこれからもよろしくお願いします😊

【オンライン絵画教室】RinART教室のご案内 RinARTメンバーズ限定!

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!