イラストレーターのお仕事とは?美術を生かしたお仕事。適職を探そう!

こんにちは!母画家道Rinです。

今日は、美術を生かしたお仕事22選でも、ご紹介したお仕事

「イラストレーター」

について、もう少し詳しくお話ししていこうと思います!

イラストレーターのお仕事とは?

いろいろなイラストを描くお仕事です。

例えば、雑誌の表紙や挿絵、書籍のカバーや挿絵、広告のイラストなどを描きます。

出版社や広告代理店の依頼を受けて、お仕事をしていくことが多いです。

専門学校や美術系の大学に、必ず行かないとなれないわけではありません。

だけど、学校に通うことで、基礎的な技術を学んだり、先生や同級生、先輩後輩から刺激を受けたりできます。

それに、そこでの人間関係が、のちの仕事に役立ったりとメリットも多いところが魅力です。

まず、お仕事をもらうために、

出版社の装丁室や本を作る装丁家、本や雑誌をデザインするアートディレクターに電話をします。

そして、自作の作品ファイルを持ち込み、売り込むところからイラストレーターの最初の1歩がスタートします。

いろいろなところに、何度も売り込んでいきます。

ちょっとやそっとでは、めげないメンタルがとても重要です。

そうしているうちに、独自のイラストが認められ、評判になると注文も増えていきます。

そうしたことを繰り返し、人気のイラストレーターへと成長をとげていけます。

 

イラストの料金は、出版社などは安めで、広告の仕事は、高めなのが多いようです。

 

フリーランスで働いている場合は、家で仕事をすることが多く、集中力を持続させなければならない孤独な作業でもあります。

まとめ

イラストレーターは、絵を描く人にとって、一度は憧れる職業の1つです。

センスと実力とメンタルの強さと売り込みのうまさなど、問われるものも多く、孤独な作業でもありけれど、

街などで、自分のイラストを使ったポスターを見たり、本屋さんで表紙に使われているのをみつけたりすると、

何度もその前を行ったり来たりしてしますそうです。

その時の天にも昇るような喜びや興奮が、イラストレーターのお仕事を続けるモチベーションになっているのかもしれませんね。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

また、違う記事でもお会いできるのを楽しみにしています!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!