オリジナルトートバックを作ろう。図工・美術の題材。指導方法のご紹介。たんぽとマスキングテープで世界にひとつの素敵なデザインが生まれます。

こんにちは!母画家道Rinです。

今日は、Rinが主宰する「こども造形教室」の活動の様子をご紹介しようと思います。

今回は、前回の活動

「モンドリアンになろう!」

を生かして、トートバックにオリジナルのデザインをし、絵の具で着色していきます。

テーマ

オリジナルトートバックをつくろう!

 

時間

90分

 

材料

トートバック(A4サイズが入るくらい)
マスキングテープ
アクリル絵の具(スクールガッシュを使いました)

アクリル絵の具布用メディウム

新聞紙

ビニール袋

紙皿
☆たんぽ作り
 スポンジ
 割り箸
 輪ゴム

活動のようす

①前回の活動を簡単に振り返ります。

T(先生)「今日も、マスキングテープを使っていくよ!マスキングテープをしたところには、絵の具がつくのかな?」

S(生徒)「つかない!」

T「そうだったね!そのことを思い出しながら、どんなトートバックにしていこうか考えよう!」

②T「まず、前回と同じように、使う道具「たんぽ」をつくるよ。」

割り箸にスポンジを輪ゴムで止めてつくります。

3〜4本つくります。

③マスキングテープをトートバックに貼っていきます。

モンドリアンの作品をヒントに、画面をマスキングテープで好きなように分割していきます。

表が終わったら、裏も分割します。

④新聞紙をたたんで、トートバックにぴったりのサイズにします。

新聞紙をビニールに入れて、トートバックに入れておきます。

裏写りを防ぐためです。

新聞紙にマスキングテープでずれないように2箇所ほど固定します。(持ち手のところを止めました。)

⑤たんぽで絵の具をつけていきます。

今回は、前回と違い支持体が紙ではなく、布地なので、布用絵の具を混ぜました。

アクリル絵の具は耐水性なので、そのままでも悪くはないのですが、どうしてもひび割れが起こったりしやすいので、

布用メディウムをアクリル絵の具と1:1くらいで混ぜました。

そうすることで、アクリル絵の具が乾いても、アクリル絵の具に弾力があり、ひび割れたり、剥がれたりしにくくなります。

もちろん洗濯もできますよ!

今回は、イベントカラーの布用メディウムを使いました↓

たんぽのコツは

 トントンと軽くたたくように絵の具をのせていきます。

 筆とは、違う感じなので、新鮮です。

マスキングで分けたスペースごとに絵の具の色を変えたり、同じ色にした李、同じ枠の中でも、色を変えても!

重ねて色をつけてもきれいですね。

筆とはちがったタッチにはまります。

⑤表の彩色が終わったら、ゆっくりとマスキングテープをとり、ドライヤーで乾かします。(時間があるときは自然乾燥でもいいですよ。)

⑥裏面もたんぽで色を彩色していきます。できたら、マスキングテープをはがします。急ぐときはドライヤーで乾かします。

 

✳︎さらに時間があるときは、はいだマスキングの部分の両端にマスキングをして、はがした部分にも絵の具をつける方法もありますよ。

まとめ

今回は、前回の活動「モンドリアンになろう!」を受けて、布にマスキングテープとたんぽを使って描いていく方法で、オリジナルトートバックを作りました。

手作りのたんぽマスキングテープなど、あまり使ったことがない道具も、2回目となると随分慣れて、使いこなしているようにも見えました。

また、今回はトートバックにデザインしていったので、ぜひ、普段に使って欲しいなと思います。

お道具入れにしたり、こども造形教室用のカバンにしたり、お母さんにプレゼントしたり、移動教室のカバンにしたり、色々と活用してくれると嬉しいです。

世界にひとつだけのオリジナルのトートバックができました。

次回は、さらに一まわり大きなトートバックに挑戦します。

お楽しみに!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!