住宅展示場の上手な活用法! 業者選びには向かないワケ

こんにちは。Rinです。

家をたてたいなーと
ぼんやりでも思った時に
一番、取り掛かりやすい
行動のひとつとして
住宅展示場の見学が
あります。

我が家の場合

我が家も、
なんとなくそろそろ
お家ほしいねー!
みたいな軽い気持ちで
ちょっと近くの
展示場にでも
行ってみるか、
とほんとになんの知識も
ないままぶらりと
立ち寄った経験が
あります!

そこに立ち並ぶ家々は
もうどれも立派で豪華で
本当に夢のマイホーム
ここにあり!
って感じでした。

モデルルームは1億円⁈

それもそのはず、
あとで勉強して
わかったのですが、
各ハウスメーカーは
自社商品をアピール
するために
自慢の工法による
最高使用の住宅を
展示しているそうです。
しかも、モデルハウスは
平均して70坪ほどらしく
これは平均的な住宅の倍
です。
出展企業としては、
出展している物件を
実際に販売することよりも
企業のデザイン力や
技術力などを宣伝して
自社ブランドを選択して
もらうことに力を入れて
います。
しかもモデルルームに
一億円かけることは
珍しくないそうです。
それに加え、
出展費用、維持管理費、
集客費用など1年間に
一億円前後の費用が
かかっているそうです。
なので、夢をみるには
いいのですが、現実身が
かけるのです。
そして、そこに
立ち並ぶのは
大手メーカーばかりで
地元の工務店などは
出展していません。
なので、そこで
業者選びをするのは
あまり賢い方法とは
思えません。

展示場の活用方法

でも、上手に活用する方法も
あります。
家づくりの情報源として
立派な資料を無料でもらえ、
デザインや設備も最新なので
参考になります。
間取りや部屋のつくり、
インテリアなども、
実際にみられるので、
家づくりの教室としては
とても勉強になるところです!

セールス対応

ただ、住所や電話番号を
記入した場合、電話セールスや
頼んでもいないのに
自宅まで間取りを持ってくる
業者も少なくありません。
我が家も、なんの知識もなく
ブラリと行ったので、
↑のような目にあい、
とても困りました。

「必要があれば
こちらから連絡しますので
セールスなどの連絡は
不要です。」と
はっきりと断りましょう!

それで、対応が明らかに
悪くなれば、そういう程度の
会社だと思ったらいいと
思います。

モデルハウスは
夢をみるところ、
家づくりの学校
と思い、上手に活用できると
いいと思います。

オススメ!住宅完成見学会

また、
現実身のある家を
見学したい場合は
「住宅完成見学会」
というものがあります。
こちらは、
実際に人が住む家を
見学できます。
地元の工務店など
モデルルームには
出展していないところも
みられます。

もちろん無料なので
いろんな業者の住宅を
たくさんみられることを
オススメします。

まとめ

私は
この完成見学会が
とても好きでした!
こんな工夫いいなー
私だったら、こうするなー
どれも実現できそうな
現実味のある想像が
できますから!

少しでも参考になれば
うれしいです!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!