妊娠したら甚平(じんべい)を買おう!授乳も楽々、大活躍間違いなし!

こんにちは!母画家道Rinです。

妊娠したら、マタニティライフに向けて、いろいろと必要なものがありますね。

マタニティー服もその中の1つだと思います。

そして、出産が近づいてくると、ベビーちゃんの準備もいろいろとあって出費もかさみますね。

そんな中、少しでも、無駄なく必要なもの、快適に過ごせるものを揃えたいと誰しもが思うと思います!。

そこで、Rinが3兄弟を妊娠、出産した経験から、おすすめしたいのが、

 

少し大きめの「甚平(じんべい)」です。

 

1、甚平(じんべい)をオススメする4つの理由

甚平をオススメする1つ目の理由

つわりの時でも楽だからです。

まず、妊娠に気づいたあたりがは、つわりの頃だと思います。

そんな時に、締め付けの強いものなど辛かったりしします。

その点、甚平さんはウエストがゴムで、楽に着ることができます。

冬はさすがに、寒いのでおすすめできないけれど、それ以外なら、重ね着などで調節しながら、

パジャマや部屋着として大活躍してくれると思います。

甚平をオススメする2つ目の理由

妊娠周期が進み、お腹も大きくなってきても、甚平さんなら調節可能だからです。

いつものサイズの少し大きめやメンズものを買っておけば、ウエストはゴムなので大丈夫だし、

上も、紐で調節できたり、もともとゆったりとしたつくりなので、臨月まで大丈夫です。

特に、夏に臨月を迎える妊婦さんは、暑さとの戦いでもあります。

ただでさせ暑いのに、妊娠していると体温が高いので、暑さも倍増です。

そんな時でも、甚平さんなら涼しく快適に過ごすことができます!

甚平をオススメする3つ目の理由

授乳がしやすいからです!

母乳で育てる場合、1年から、長い人では3年くらい授乳をすることになると思います。

夜中に母乳で起こされることも、当たり前なので授乳のしやすいパジャマや部屋着は必須ですね。

そんな時甚平さんなら、さっと楽に母乳を与えることができます。

授乳が終わって、しまうのも簡単です。

授乳服にあるボタンやチャックを開けたり、閉めたりする手間もありません。

背中がめくれ上がる心配もありません。

甚平をオススメする4つ目の理由

妊娠、出産、授乳が終わった後でも、着ることができるからです!

マタニティ服や授乳服は、サイズ感やデザインから、妊娠、出産、授乳が終わった後、着づらいものもたくさんあります。

けれど、甚平さんなら、着続けることができます。

メンズものなら、パパが着てもいいですし、部屋着やパジャマならダボっとしていた方が、リラックスできるし、可愛いのでそのままママが着続けてもいいですね。

まとめ

今日は、育児雑誌などでも、紹介されない

 

「甚平(甚平さん)」

 

がどれだけ、妊娠、出産、育児に向いているかをお伝えしました。

私も、「甚平(じんべい)」の良さを知ったのは、3男を産んだ時だったので、長男を産んだ時から、知っていれば、絶対にヘビロテしていたなと思ったものです。

昔の人は、浴衣で妊娠初期から、出産、子育てまで、乗り切っていたのも頷けます。腹帯などもサラシ一枚だし!

さすがに、浴衣では足さばきが悪いので、甚平さんが実用的だけど、日本の文化に感動した瞬間でした。

妊娠がわかった方は、ぜひ甚平さんを買い揃えることをオススメします!

いろんな甚平さんがあるので、好みのものが見つかるといいですね。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!