母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

グルーガン(ホットガン)(ホットボンド)の使い方!

こんにちは。母画家Rinです。

今日は、あると便利、グルーガン(ホットガン)(ホットボンド)の使い方のご紹介です!

目次

  1. グルーガンとは?
  2. グルーガンの使い方
  3. 注意すること
  4. まとめ

1、グルーガンとは?

グルーガン、ホットガン、ホットボンドとも呼ばれます。

ホットメルト接着剤で、熱(80〜100℃)でステイック状の固形の接着剤をとかして、接着させます。

スティック状の接着剤は、エチレン酢酸ビニル(EVA)のような熱可塑性プラスチックでできています。

スティック状の接着剤を後ろから詰めて、鉄砲のように引き金を引くと、溶けた接着剤が先から出てきます。

このように、まるで鉄砲で玉を撃つような感じの風貌なので、ガンとつくのでしょうね。

この見た目が、子どもたちのも大人気です。

特に男の子は、鉄砲など本能的に好きな子が多いので、どんどん使いたがります!

スティック状の接着剤は、常温では固形なので、保存も簡単です。

硬化が早いので、どんどん作り進めることができます。

スティック状の接着剤なので、溶剤を使っておらず、匂いを機にする必要がないところも安心ですね。

このステック状の接着剤は、白いものだけでなく、いろいろな色があります。

ガラスやプラスチックなどに絵を描いたりして、接着以外にも使うこともできます。

段ボールの接着や書籍の背表紙、電子部品の固定、裁縫などにも使われます。

2、グルーガンの使い方

①接着剤を後ろから差し込みます。

②電源を入れます。

③本体が十分に熱したことを確認して、トリガー(引き金)をひきます。

※接着剤が溶けて出てこない場合は、もう少し熱くなるのを待ちましょう。

④接着したい部分に適量つけます。

⑤接着します。

3、注意すること

なんといっても

「火傷」

に気をつけなくてはなりません!

接着剤が押し出されるグルーガンの先の部分が、とても高温になっているので、触らないようにしましょう!

また、押し出されてくるとけた接着剤もとても高温になっています。

絶対に触らないようにしましょう。

そして、使わないときは、電源を切るようにしておくと安心です。

もし、火傷してしまったときは、すぐに冷水で冷やしましょう。

4、まとめ

電源のとれる場所であれば、とても便利のグルーガン(ホットガン、ホットボンド)です。

火傷の心配があるので、しっかりと注意して使うようにするといいです。

この見た目が子どもたちにも大人気です。

図工では、段ボールや厚紙で作る「コリントゲーム」やいろいろな材料を使う「ひみつきちをつくろう!」などによく使います。

蜘蛛の巣のように糸を作ることもできるので、接着以外にも使えますよ!

 

【感謝!】無事に会期を終了いたしました。

たくさんの応援、ご協力 励ましのお言葉、お祝いをいただき ご高覧いただき 作品のご購入、オーダーまでいただき 本当にありがとうございました。 おかげさまでこのような時期にも関わらず 盛況のうちに会期をおえることができました。 これも全てに皆様のおかげです。 感謝の気持ちでいっぱいです。 皆様からいただいた温かいお言葉や大事な時間、空間を胸に これからも、日々「今」を表現していきます。 どうぞこれからもよろしくお願いします😊

【オンライン絵画教室】RinART教室のご案内 RinARTメンバーズ限定!

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!