粘土の種類【後編小学校の図画工作や中学・高校の美術まで大活躍!粘土の特徴や用途、使い方を種類ごとにご紹介

こんにちは!母画家道Rinです。

今日は、粘土の種類【後編】です。

小学校の図画工作や中学・高校の美術まで大活躍!粘土の特徴や用途、使い方を種類ごとにご紹介していきます。

 

粘土(ねんど)といっても、実はいろいろなモノがあります。

その中で、大きく分けると7種類にわけられます。

  • 紙粘土
  • 軽量粘土
  • 液体粘土
  • 小麦粉粘土
  • 液体粘土
  • 土粘土
  • 油粘土
  • テラコッタ粘土

 

粘土の種類【後編】

今日は、その中でも、

について粘土の種類【後編】としてご紹介していこうと思います。

粘土の種類【前編】はこちらから。

土粘土とは?

彫塑用粘土

特長

彫塑用粘土は、天然原料の土を主な材料とした粘土です。

他の粘土と比べると価格が安く、のびがよくて、繰り返し使えて経済的です。

なので、彫塑をするときに、よく使われています。というかそのためにつくられた粘土です。

重量があり、乾燥すると独特な質感になります。

また、乾燥した後に、絵の具で色をつけたりすることもできます。

彫塑用粘土は、乾燥しやすいので、密封容器や密封袋など入れたり、制作途中の作品は、ぬれタオルでまいて、ビニールをかけるなどして、保管すると良いです。

 

固まった粘土は、また、砕いて水を加え練り直して再利用できます。

 

また、真空土練機もあります。

土粘土の再生方法とは?練ることができないほど、固まっても大丈夫!

彫塑用粘土を粉末状にしたモノも販売されています。

水の混ぜ具合で、いろいろなやわらかさの粘土をつくることができます。

用途

粘土をかまどで焼いたりしない立体作品をつくることができます。

造形遊びをするなど活動や共同で製作したりする場合など、安価なので大きなモノをつくったり、大量に使いたい場合にも適しています。

 

信楽粘土

特長

信楽粘土は、高温で焼くことができます。焼きしまりがよくて、成形もしやすいです。焼成すると白っぽくなるので、焼成後にアクリル絵の具や釉薬をつけるときれいに発色します。釉薬をつけた場合は、もう一度やきます。

詳しくは

焼成方法

をご覧ください。

用途

焼成することができるので、彫塑作品だけでなく、食器や花瓶、鉢などをつくることができます。

 

テラコッタ粘土

特長

テラコッタ粘土は、赤茶色や茶色っぽい色をしていて、高温で焼くことができます。

素焼きの作品として素朴な味わいがあります。

用途

埴輪や縄文土器などを作るのにぴったりです。また、植物を植える鉢づくりにも適しています。窯で焼くのはもちろん、野焼きもできます。

詳しくは、焼成方法

をご覧ください。

油粘土とは?

特長

油を含んだ粘土で、乾燥せずに、何度も成形することができます。以前は、独特の匂いや油っぽさがありましたが、随分と改善されて、扱いやすくなり匂いも気にならなくなって、快適に使用できます。

少し硬く感じでも、手でこねたり練ったりしているとやわらかくなってきます。

重さがあるので、重りとしての役割も果たせます。

用途

幼児や小学生など、粘土遊びをするのにとても適しています。

保管も粘土箱に入れて保管でき、繰り返し使えるので経済的です。

できた作品を展示していても、固まることもありません。

ただ、繰り返し使うことで、ゴミなどが混じったりするので、触り心地が悪くなったり汚れてきたりしたら、買い替えをお勧めします。

まとめ

今日は、粘土の種類【後編】

小学校の図画工作や中学・高校の美術まで大活躍!粘土の特徴や用途、使い方を種類ごとにご紹介していきました。

粘土の【前編】

もよかったら参考にされてください!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!