大掃除を楽にする魔法・旦那様・大活躍編

こんんちは。Rinです。

年末大掃除の時期がやってきましたね。

ついつい後回しにしてしまうところや
普段行き届かない場所など
目につきだすと気になって
しょうがなく、やりだすと
きりがないのが、年末大掃除では
ないでしょうか?
そして、何かと忙しい年末。。。
気になってたり目にはついてるんだけど。。。

なかったかったことにしてしまうところ
きっと多いのではないでしょうか?笑

時間も限られていますし、
クリスマスなどのイベントもあますしね。

それで、いいと思います!
優先順位をつけて、とっても気になる
ところを済ませてしまえば、大丈夫です!

っと自分に言い聞かせていたり 汗。

ここで、少しでもすっきり年を
越すためにちょっとしたコツを
お伝えしようと思います.

こんな時こそ旦那様!

我が家でも、実践してもらっているのですが、

ずばり、

旦那様、大活躍 大作戦です!

大掃除!
ひとりで頑張ろうとしていませんか?
いえいえ、ひとりでがんばらなくて
いいんです。
頼もしいパートーナーがいるでは
ありませんか!

ゴロゴロしている人がいるでは
ありませんか!

休みの日くらいゆっくりさせてくれ!

といわれるかもしれませんが、、、

「一極集中掃除」 を頼み、

魔法のことば
「さ・し・す・せ・そ」
を使えば、

俄然、やる気を出してくれます。

まず、

①「一極集中掃除」とは、

一つの場所を極めて集中的に掃除してもらう
ことです。
たとえば、
「ウッドデッキの塗り替えお願いできるかな?」

「照明器具の汚れを洗ってくれるかな?」

「外の窓を洗ってくれるかな?」
といった感じで
具体的にお願いするのです。

そして、さらに気持ちよく掃除してもらうコツ
として、

掃除の場所は、

高いところ、

力のいるところ、

技のいるところ

などお願いすると男性は燃えるそうです。
「私じゃ、背が届かなくて。。。」
「大きくて動かせなくて。。。」
「上手に塗れるか自信がなくて。。。」
など、あなたじゃないとダメなの
あなたの力が必要なの
という感じをさりげなくだしましょう!

そして、一番大事なコツとしては、

いっきに頼まず、同時進行もさせないことです。

とにかく
ひとつの場所を極めて集中して掃除する!

ことが大切です。

なんでも、女性と男性では
脳の作りが違うらしく
男性は、ひとつの事に集中して取り組むこと
女性は、同時進行させて取り組むこと
が得意だそうです。

女性からみると、掃除をしている姿をみて
なんて効率が悪いんだろうと
イライラしてしまうかも知れませんが、
そこはグッとこらえて、
おおらかな気持ちで見守りましょう!

そうすれば、ピッカピカにしてくれますよ!
なぜなら、男性がひとつの事に集中し
取り組むときのパフォーマンスは女性の
3倍以上高いとも言われています。

そして、

②魔法のことば「さ・し・す・せ・そ」

の出番です。

「さ」さすが!
「し」知らなかった!
「す」すごい!すばらしい!
「せ」センスある!センスがいい!
「そ」そうなんだ!

たとえば、ウッドデッキを塗ってくれたと
しましょう。
そしたら、あなたならなんていいますか?

「ありがとう!きれいになったね!」

もちろん、これでも喜びますね。
でも、ちょっと工夫して

「さすが!パパ!
すごくきれいにぬれてる!
筆使いのセンスあるね!ありがとう!」

と言ってみましょう!

そのときは、照れて

「ああ」とか

そっけないかもしれませんが
口元はにやけているか
心では飛び跳ねているか
はたまた、ドヤ顔をしているか
こそっそり観察して楽しみましょう!

そして、次を頼んだ時も
快く承諾して、足軽に取り組んでくれる
可能性大です!

少し大げさて、なんだか女性側は
照れて恥ずかしいよううな気が
しますが、男性は案外、大丈夫で
これくらいわかりやすく伝えないと
伝わらないことがほとんどです。

とくに
結婚生活が長くなると
言わなくてもわかっているだろう
伝わっているだろう
と思うことが多くなり
照れなどもあり、益々言わなく
なってきますが、
こんなふうに言われて
喜ばない人はいないので
どんどん言いましょう!

それにいい言葉は、いい言葉として
自分にも返ってくるので、
いいサイクルができるきっかけにも
なりますよ!

まとめ

もちろん、
お子様がいらっしゃる場合も、
同じように使うことができます。

お子様の年齢に応じて
お掃除場所や時間、道具などを
工夫してあげるといいですね。

さらにお子様には
結果のみえやすい場所が
お勧めです。

それは、また次回お話ししましょう!

ちなみに
ダメなことば「た・ち・つ・て・と」
というのもあります。
「た」たいしたことない
「ち」ちがうんじゃない?
「つ」つまらない
「て」適当でいいから
「と」とんでもない
こちらは、使わないように気を付けましょう!

大掃除のときじゃなくても
使える技?!なので
どうぞ活用してください!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!