美術を生かしたお仕事、アニメーターとは?クリエイティブな職種から適職を探そう!

こんにちは!母画家道Rinです。

今日は、美術を生かしたお仕事、クリエイティブな職種の中から、

アニメーターについてお伝えしていこうと思います。

アニメーターとは?

アニメーターとは、連続して動きを描いた絵を続けて何枚も見せることで、キャラクターなどが動いてみえるアニメーションをつくるお仕事をする人です。

連続した動きを何枚も続けてみせることで、絵を動かしてキャラクターに命を吹き込むすてきなお仕事です。

まるで、本当に命をもってきるように、生き生きと動くのは、こうしたアニメーターの手から生まれているのですね。

 

アニメーターには、大きく分けて二つの担当があります。

アニメ監督がおおまかな流れを描いた絵コンテをもとに、原画を描く「原画」と

原画と原画の間の動きをつなげる絵を描く「動画」の担当です。

映像になったときに、動きを予想し想像しながら描いたり、いろいろな方向や角度、絵柄に合わせて描いたりする技術が必要になります。

また、大量の原画や動画をしめきりにまにあわせないといけないので、正確に素早く技術もなくてはならないものですし、経験を積んでいくと身につけざる終えない技術とも言えます。

 

アニメーションの世界も、さまざまな技術発展していき、CGの技術が取り入れられるようになりました。現在作られているアニメのほとんどが、手描きとCGの両方の技術を使い分けて取り入れられているようです。

 

例えば、なめらかな動きを出したい場合は手描きで、精密な機械が出てくるようなダイナミックなシーンはCGで、というような感じで使い分けています。

 

最近では、そうした技術を学び、手描きとCGを使いこなすアニメーターも出てきています。高い技術と独創性で、日本のアニメは世界的にも、とても人気があり評価も高いです。

 

アニメーターになるには?

アニメーターになるには、美術系の大学やアニメーションの専門学校などで学んで、アニメーション制作会社などに就職する人が多いです。けれど、他の仕事をしながら、自主制作しながら、世に出てくる人もいます。

平均月収は、163000円と高くはないけれど、売れっ子になれば、高収入になることもあります。

 

アニメーターと関連のあるお仕事のひとつ、アニメ制作進行とは?

アニメ制作進行とは、アニメがスケジュール通りにできあがるように管理するお仕事です。

絵コンテや音楽の素材集め、スタッフの手配などなどを行う縁の下の力持ちです。

 

まとめ

今日は、アニメーターについてお伝えしました。

原画に命をふきこみ、動き出す動画になる楽しさは、たまらないだろうなと思います。

けれど、そのためには、気が遠くなるような枚数の絵を描き続けなければならないので、けっして楽しいだけのお仕事ではありません。

高い技術と根気となによりも、アニメが好きだという気持ちがなければ、とてもできないお仕事だと思います。

 

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!