画家のお仕事とは?美術を生かしたお仕事。適職を探そう!

母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

こんにちは!母画家道Rinです。

「美術」を生かしたお仕事の中でも、ご紹介した職業の1つ。

「画家」

あまり身近にいないことも多いと思うので、今日は、画家のお仕事について記事にしました。

画家とは?

水彩画や油絵、日本画などを描いています。

いろいろな技法や使う道具、材料によってさらに細かく絵画の種類があります。

一般的には、美術系の専門学校や大学などに通って、基礎のデッサンから学ぶ場合が多いけれど、そうでない場合もあります。

例えば、学校や美術教育とは、無縁の画家の作品が世に知れ渡ることもよくあります。

なので、美術系の専門学校や大学を出たからといって、画家として認められるわけではありません。

日本には、画壇というものがあって、絵の団体の公募展に応募して、何度か入選したりすると、とりあえず画壇に入ることができます。

美術系の大学や専門学校の絵画系の先生は、ほとんど、この画壇に入っていることが多いですね。

そして、そこで習っている学生たちも、その画壇や団体に作品を出品していくパターンが多いです。

だけど、絵画というアートの本質と画壇とは何の関係もありません。

 

画家にとって、一番大切なことは、

『絵を描き続けること』

です。

 

学校の美術教師や絵画教室の先生などをしながら、または、美術とは関係のない仕事をしながら、とにかく

『絵を描き続けること』

です。

 

アルバイトをしながら、または、恋人や家族などに支援を受けながら、何でもいいので、

『絵を描き続けること』

です。

 

絵が売れても、売れなくても、

絵を描く喜びと描きたいという表現意欲を持ち続け、

何年、何十年も制作し続けることができれば、その人は画家です!

まとめ

画家であるRinにとっても、とても励みになる記事になりました。

Rinも、

『絵を描き続けること』

を一番大切にしていきたいです。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!