彫刻家のお仕事とは?美術を生かしたお仕事。適職を探そう!

こんにちは。母画家道Rinです!

美術を生かしたお仕事の中でもご紹介したお仕事の1つ

「彫刻家」

について、今日はご紹介していこうと思います。

彫刻家とは?

木材や石、ブロンズや鉄などの金属、石膏などで彫刻を作り販売します。

彫刻家へのはっきりとした道筋はないけれど、

美術大学の彫刻科へ入学したり、彫刻家の師匠をみつけ、弟子入りしたりして技術を学ぶことが多いです。

彫刻は立体的に作るけれど、その基本ともなるのが、正確で確かなデッサン力だと言われています。

デッサンは、始める時期が早ければ、早いほどいいと言われています。

若い時から、静物や動物、人物などをデッサンして力をつけていくといいです。

彫刻は、立体的作るので、いろいろな角度から、デッサンして多角的に捉える力がとても大切です。

 

けれど、彫刻は、材料費もかかるし、制作スペースも広くとるので、彫刻家として続けていくのは、いくつものハードルを乗り越えていかなければなりません。

美術の教師や講師を兼業しながら、続けている人が多いです。

 

彫刻作品は、個人で買われることはとても少なく、ほとんどが、自治体や企業などで、庭園や公園、ビルの入り口など屋外に置かれることが多いです。

モニュメントとしての役割もあるものも多く、幾何学的な立体の造形も多くあります。

美術展などで、受賞したりすると政策の依頼が増えるので、公募展などに積極的に応募していくといいですね。

まとめ

やはり、美術を生かすお仕事の中でも、続けていくのが難しい職業の1つかもしれません。

けれど、制作への情熱と様々なハードルを乗り越える努力で、続けていっている彫刻家の方々もいます。

日本人の彫刻家で世界で活躍している方もたくさんいます。

世界で活躍している彫刻家の船越桂さんは、Rinも大好きで、画集も持っています。

木の感じや色合いが大好きです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!