墨流し(モダンテクニックマーブリング)でマーブル模様をつくろう!

こんにちは。母画家道Rinです!今日は、Rinが主宰する「こども造形教室」の活動の様子です。

墨流し(マーブリング)を楽しむ内容です。

墨流しについて詳しくは、

墨流しとは?マーブリング!絵画技法モダンテクニック偶然を生かした技法。日本でも平安時代から使われていた⁈

また、「マーブリング」は、絵画的技法モダンテクニックの偶然を生かした技法の1つです。

テーマ

マーブルもよう!

時間

90分

準備物

  • 墨汁
  • 綿棒
  • パッドやトレー
  • 銀色のペン
  • 紙コップ
  • 画用紙
  • 色画用紙
  • のり
  • ドライヤー
  • 新聞紙
  • 割り箸

活動の様子

①T(先生)「今日はマーブルもようを作ってみます!」

事前に作っておいたマーブルもよう(墨流し)をみせます。

S(生徒)「わー!きれい‼︎」

S「お祭りで買った水風船のもようみたい!」

②T「さっそく作り方を説明するから、先生の周りに集まって!」

手元が見えるところに来るように伝えます。

③T「まず、バットに水を入れます。深さはお母さん指の一つ目の曲がるところくらいでいいよ!(深さ1〜2センチくらい)」

④T「綿棒に墨汁をつけて水面までゆっくり静かに近づけます。」

⑤T「何回か垂らしたら、割り箸でゆっくりと水面を動かすよ!

心を落ち着かせて、集中するよ!

ゆーくり、そーっとね。」

⑥T「しまった!混ぜすぎてしまった。

そんな時は、チチンプイプイ鼻の先を触って水面を触ると!」

S「わー!透明になった!」

T「魔法がかかって、透明になったね。そしたら、またゆっくりと割り箸で墨汁を動かしてみよう!」

※ 指先に着いた鼻の油が、水面に当たると反発して、透明の水が輪になってあらわれます。

とっても、面白いですよ!

やり直しができるのも、試行錯誤ができるのでおススメです。

⑦T「いい感じになったら、紙を静かに水面まで近づけます!」

「空気が入らないように!近づけてそっと離します」

⑧T「すぐに紙をとって、新聞紙の上で乾かします。

2枚目をするときは、一度水を全部捨てて、新しい水で始めます!」

質問があるかな?

さぁ、やってみよう!」

※今回は、墨流し(マーブリング)は、はじめての経験だったので、八つ切画用紙を6つに分けた小さめの画用紙で、一人10〜20枚くらいずつ試しながらさせました。

このくらいの大きさだと小さな子でも持ちやすいし、失敗しても気にせず、どんどん試せるからです。

中には、30枚以上、黙々と取り組んだ子もいました。

慣れている場合は、

大きめのトレーで、大きめの画用紙にチャレンジしても面白いですね。

⑨お気に入りを選んで、色画用紙の台紙にのりで貼ります。台紙の色で雰囲気が変わるので、面白いです!

⑩名札をつけて完成です。

偶然できたマーブルもようから、発想を広げ、みたてをし、題名を考える子もいて、とても面白かったです!

動画も作成してみました。参考にされてください!

まとめ

はじめての墨流し(マーブリング)だったので、

マーブル模様を作る楽しさに集中できるように紙を小さく、色数も墨汁のみにし、グレースケールを楽しめるようにしました。

墨流しの微妙な濃淡に夢中になっていた子どもたちでした。

次回は、色付きのマーブリングにもちょうせんしていけるかな?と思います。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!