幸福度が高まるコツとは?自分の感情をコントロールする!怒りやイライラを軽減?!

こんにちは!母画家道Rinです。

誰もが、幸せになりたいと思っています。

幸福度を高めるコツ!を知っていれば、誰でも幸せになれます。

幸福度を高めるコツとは?

幸福度を高めるコツとは、ズバリ

 

自分の感情をコントロールして楽に生きること

 

です。

自分の感情をコントロールして楽に生きていけたらどんなにすばらしいことでしょう!

人は、自分が悩んでいたり苦しんでいたりすると

「あの人のせいで悩んでいる。」

「あの人のせいで苦しんでいる。」

と考えて相手を責めたり、相手のせいにしたりしてしまうことがあります。

 

そうするといつもイライラしていたり、落ち込んでいたり、悩み事が多かったりして、気持ちが楽になることも少ないでしょう。

 

それは、感情をコントロールできていないからなんですね。

 

感情なんてコントロールできるわけないだろ!

 

という声も聞こえてきそうですね。

そうですよね。人間の素晴らしさは喜怒哀楽でもあります。

喜怒哀楽があるからこそ、人生がおもしろいですよね。

 

もちろん、喜と楽ばかりならいいんだけど、そうではなくていつも「怒」「哀」など負の感情ばかりに支配されているとしたら、とてももったいないことだなと思います。

 

なるべく「喜」や「楽」の感情で満たされていたいですよね。

 

そのためには、ちょっとしたコツがあります。

 

感情は自分で決められる

先にも書いたけれど、自分の感情を他人のせいにしてしまっていては、いつまでも他人に自分の感情を支配されているということです。

 

感情は自分で決められるのです。

感情は自分が決めていると言った方がいいかもしれません。

 

そもそも、感情というのは、自分の内面からわき起こってくるモノです。

事実をどう受け取るかで、感情は大きく変わってきます。

たとえば、おなじように注意されても、

「自分が悪いから注意された」

「相手が悪いから自分まで注意された」

「自分のためを思って注意してくれた」

などなど、

人によって受け取り方が違って感じる感情も違ってきます。

 

逆に言うと不快な感情も、受け取り方や考え方次第でコントロールできると言うことです。

感情は、誰か他の人が決めたモノではなく、自分が決めたモノなのです。

言い換えると

 

感情は自分で決めることができる

 

モノなのです。

 

まとめ

感情が生じる仕組みを知り、受け取り方を意識して変えて、コントロールしていけば、人のせいにしたり、自分を責めて落ち込んだりしなくてもよくなります。

 

感情は自分で決めることができます。

 

マイナスの受け取り方をしても、プラスの受け取り方をしても、おこった出来事や言葉はなにも変わりません。

 

感情とおこった出来事は関係ないのです。

 

感情を決めているのは自分なんです。

それなら、プラスの受け取り方をした方が「喜」や「楽」の感情を持てるし、人生も好転していきますよね。

そうすれば、自然と幸福度も高まっていきます!

同じ出来事が起きても、プラスに受け止める習慣ができれば、どんどん幸福度は高まり、自分の成長も加速していきますね!

喜怒哀楽を面白がりながら、あなたらしい人生を!

Rinでした。

イライラをコントロールして対処しよう!ストレスを解消。仕事、夫(旦那)、育児など原因が違っても共通して治せる方法とは?

はじめの一歩を出す勇気!人生が思い通りになる勇気の出し方。習慣となれば進化が止まらない!

ピンチはチャンス!善意で受けとめよう。

思ったことを実現するコツとは?チャンスは転がっている!

などもよかったら、ご覧ください!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!