マッピングでアイデア(発想)を広げよう!

こんにちは!母画家道Rinです。

Rinが、美術の授業をしていて、

悩んでいる生徒の多くの理由の一つとして、

アイデア(発想)が浮かばない

というのがあります。

そんな生徒の悩みを解消するために使う方法の一つとして

マッピング

があります。

今日はそのマッピングについてご紹介しようと思います。

目次

  1. アイデア(発想)とは?
  2. マッピングとは?
  3. 慣れていない生徒の場合への秘策
  4. まとめ

1,アイデア(発想)とは?

そもそも、アイデア(発想)は、なにもないところから、急にパッと出てくるものではありません。

それは、美術の授業に限らずみな同じです。

どこから生まれてくるのかというと、

普段の生活で考えたり、感じたりしたことや学んだこと、体験したことなどから生まれてきます。

アイデア(発想)を出す面白さは、そういった自分の知っていることをいくつか組み合わせ、新しいなにかを生み出せるかどうかというところにあります。

2,マッピングとは?

マッピングとは、大きめの紙の真ん中辺りに、1つのキーワードをかいて、そこから発想をした言葉やイメージを次々とつなげていく方法です。

この時に大切なのが、深く考えずに、思いついた言葉やイメージをどんどんかくことです。

文字だけでなく、思いついた形や線などもかいていってかまいません。

とにかくどんどんかくことです。

3,慣れていない生徒の場合の秘策

たとえば、「自分」から発想を広げるとします。

そしたら、その周りに

「好きなテレビ」

「好きな色」

「将来なりたいもの」

「いってみたい場所」

などなど、具体的に示してあげます。

そうすることで、その先からだとかきやすいです。

4,まとめ

マッピングを使うことで、漠然としていた頭の中が整理されて、頭でえgしていたことが、めにみえると新しいアイデア(発想)につながります。

そうしたことを繰り返すことで、アイデア(発想)を引き出す力もついてくると思います。

また、この方法は、美術だけでなく、困った時や他の分野でも使える方法なので、知っておくととても便利です。

八方塞がりだと思っていたことも抜け道をみつけられたり、新しい商品開発につながったり、、、。

ぜひ、活用ください!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!