母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

マッピングでアイデア(発想)を広げよう!

こんにちは!母画家道Rinです。

Rinが、美術の授業をしていて、

悩んでいる生徒の多くの理由の一つとして、

アイデア(発想)が浮かばない

というのがあります。

そんな生徒の悩みを解消するために使う方法の一つとして

マッピング

があります。

今日はそのマッピングについてご紹介しようと思います。

目次

  1. アイデア(発想)とは?
  2. マッピングとは?
  3. 慣れていない生徒の場合への秘策
  4. まとめ

1,アイデア(発想)とは?

そもそも、アイデア(発想)は、なにもないところから、急にパッと出てくるものではありません。

それは、美術の授業に限らずみな同じです。

どこから生まれてくるのかというと、

普段の生活で考えたり、感じたりしたことや学んだこと、体験したことなどから生まれてきます。

アイデア(発想)を出す面白さは、そういった自分の知っていることをいくつか組み合わせ、新しいなにかを生み出せるかどうかというところにあります。

2,マッピングとは?

マッピングとは、大きめの紙の真ん中辺りに、1つのキーワードをかいて、そこから発想をした言葉やイメージを次々とつなげていく方法です。

この時に大切なのが、深く考えずに、思いついた言葉やイメージをどんどんかくことです。

文字だけでなく、思いついた形や線などもかいていってかまいません。

とにかくどんどんかくことです。

3,慣れていない生徒の場合の秘策

たとえば、「自分」から発想を広げるとします。

そしたら、その周りに

「好きなテレビ」

「好きな色」

「将来なりたいもの」

「いってみたい場所」

などなど、具体的に示してあげます。

そうすることで、その先からだとかきやすいです。

4,まとめ

マッピングを使うことで、漠然としていた頭の中が整理されて、頭でえgしていたことが、めにみえると新しいアイデア(発想)につながります。

そうしたことを繰り返すことで、アイデア(発想)を引き出す力もついてくると思います。

また、この方法は、美術だけでなく、困った時や他の分野でも使える方法なので、知っておくととても便利です。

八方塞がりだと思っていたことも抜け道をみつけられたり、新しい商品開発につながったり、、、。

ぜひ、活用ください!

【感謝!】無事に会期を終了いたしました。

たくさんの応援、ご協力 励ましのお言葉、お祝いをいただき ご高覧いただき 作品のご購入、オーダーまでいただき 本当にありがとうございました。 おかげさまでこのような時期にも関わらず 盛況のうちに会期をおえることができました。 これも全てに皆様のおかげです。 感謝の気持ちでいっぱいです。 皆様からいただいた温かいお言葉や大事な時間、空間を胸に これからも、日々「今」を表現していきます。 どうぞこれからもよろしくお願いします😊

【オンライン絵画教室】RinART教室のご案内 RinARTメンバーズ限定!

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!