造形活動「つなげてつなげて」細長い紙とのり、限られた材料で無限の広がり!

母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

こんにちは!

今日は、細長ーく切った、たくさんのコピー用紙とのりを使って活動をしていきます。

限られた材料だけど、そんな限られた中で、どんな反応をしてどんな活動を見せてくれるか?!

ワクワクしてきます!

テーマ

つなげてつなげて

準備するもの

  • 細く切ったコピー用紙
  • のり
  • タコ糸
  • 洗濯バサミ
  • はさみ
  • 新聞紙

 

活動の様子

①T(先生): 「今日の材料はこれ!」

細長いたくさんの紙とのりとタコ糸を紹介します。

T:細長ーいね。たくさんよ!

この紙でどんなことができそうかな?

S(生徒):はさみで切る!

S:こうやって折る!

S:ヒゲみたいになる!

S:カチューシャ見たい!

S:メガネみたいになるよ!

S:鉛筆に巻くとクルンとなるよ!

S:どんどんつなげてみる!

T:いろんなことができそうだね!

今日の材料はこの細長い紙とのりだけ!

この二つだけで、どんなことができるかな?

どんどんつなげていいね。

つなげ方も色々ありそうだね。

S:輪っかにしてつなげる!

S:ネジってつなげる!

S:まっすぐつなげる!

T:いいね!たくさんアイデアが出てきたね!

いろいろなつなげ方を試しながら、どんどんつなげて行こう!

②くっつきにくいところは、洗濯バサミで仮止めするといいことを伝える。

③活動をしながら、おもしろいつなげ方をしている生徒を全体に紹介する。

④工夫しているところやコツコツ頑張っているところなど、どんどん褒めていく。

⑤最後に名札をつけてお互いの作品を発表する。

 

まとめ

今回の活動は、細長い紙とのりとタコ糸という極めてシンプルで限られた材料にしました。

そうすることで、集中して一つの材料と向き合うことができます。

細長い紙をつなげるというシンプルだけども、そのシンプルだからこそ無限のつなげ方があります。

また、コピー用紙の白も形に集中していくためにもってこいです。

色が入るとどうしても、そちらに意識がそれていきます。

こんな限られた材料でどこまで、小学生の子どもたちが活動を広げられるか、戸惑う子はいないか、なにを作ったらいいかわからない子がいるかな、、、と心配したけれど、そんな心配は全くご無用でした。

限られた材料や道具で、自分で考えて作っていく姿に感動しました。

子どもたちの素晴らしい力に感服です。

一つとして同じものをつくる子はいなく、輪っかに入るゲームを考えたり、気球を作ったり、おしゃれなベルを作ったり、おばあちゃんが誕生日だから、ネックレスを作ったり、シルエットで動物園を作ったり、札束をイメージして作ったり笑。

いつもに増して集中力も素晴らしかったです。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!