こどものネット依存症・スマホ依存症。こんな症状や状態には要注意!SNSやゲーム、動画中毒を防ぐ方法とは?

こんにちは!母画家道Rinです。

インターネットが急速に普及して、世界はどんどんと変化してきています。

そんな中で、最近、

ネット依存症・スマホ依存症

という病名をみかけるようになりました。

このような依存症は、大人だけでなく子どもたちをも、浸食してきています。

小学生や中学生がネットを使うのは、ゲームや動画、SNSといったところでしょうか。

 

もちろん娯楽として、適度に利用するのは悪くないと思います。

 

とくにゲームにはまる小学生、中学生は、今にはじまったことではありません。

Rinが小学生や中学生のこどものころも、スーパーファミコンやプレーステーションなどといったゲーム機が発売され、大流行していました。

 

今と違うところは、そのようなゲーム機ではなくて、ネットゲームにはまる人が増えてきています。

ゲーム機からも、ネットへのアクセスが可能になってきたので、昔のゲーム機と大きく性質が変わってきたように思います。

 

それは、昔のゲーム機は、「全クリ(全面クリア)したら、終わりとなりました。

けれど、ネットゲームは、終わりがありません

課金したり、更新したりすると新しいステージやアイテムが配信され続けます。

やることがつきないので、飽きずにどんどん続けてしまうのです。

 

終わりがない

 

という特徴が、ネット依存症やスマホ依存症という症状を生んでしまい、深刻化しているのではないかなと思います。

 

そして

 

終わりがない

 

というのは、インターネット自体の特徴でもあります。

例えば、You Tubeはどんなにみてもみつくすということはないです。それに、ホームページは検索し出すと無限と言っていいほどに存在します。

 

終わりがない

 

ために一度「はまってしまう」と中々抜け出すことができなくなってしまいます。

 

そして、

 

終わりがない

 

ために、「はまってしまう」状態が続いていき、自分ではコントロールできないような状態になると

 

ネット依存症・スマホ依存症、ネット中毒、ゲーム中毒

 

という状態になってしまいます。

 

こどもの「ネット依存・スマホ依存」を防ぐ方法

まず、子どもが、ネット依存症・スマホ依存症、ネット中毒、ゲーム中毒の症状があるかないかの見分けるポイントとしては、

 

①食事やトイレ、お風呂などでも、常にスマホやゲーム機を手放さなくなっている

②途中で操作を止めさせられることに、異常に強い抵抗や拒否反応をしめすようになっている

③明らかに寝不足が続いている

 

このような症状を少しでも、感じ始めたら要注意だそうです。

 

食事やトイレ、お風呂などのときは、触らない。

一日○時間など、ゲームやスマホの時間を決める。

○時以降は、ゲーム機やスマホは、保護者が保管する。

など、各家庭にあわせて、ルールを決めていることも多いと思います。

しっかりと守らせることが、子どもを守ることにもつながります。

 

けれど、ルールは、破られるものでもあります。

 

「約束したから大丈夫」

と思っていると知らないところで、ルールを破っていることもあります。

 

自分でコントロールできない状況になりそうになっているなど、

 

なんとなくでも

 

 

違和感

 

 

を感じたら、こどもの生活をしっかりと把握することが大切です。

 

まとめ

ついつい毎日忙しく、あっというまに過ぎてしまう毎日ですよね。

ルールを決めてたから、大丈夫だろう。と安心しすぎずに、子どもの日々の生活を見守ることが大切です。

 

例えば、ゲーム機のスイッチには、「みまもりスイッチ」というアプリがあって、ゲーム時間が把握できたり、ゲーム時間を制限できたりします。

 

そういった便利な機能を使うの一つの手ですね。

 

あと、Rin宅では、タイマーを三兄弟一人一台ずつ用意して、タイマーをかけてから、ゲームをしたり、テレビをみたりするようにしています。

 

こんな風に、保護者がこどもに関心を持っていること自体が、子どもたちにとって、最初のストッパーになっていると思います。

 

そういった初期の段階で、対応していくことがとても大切なのではないかなと思います。

 

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!