コラージュ(貼り絵)とは?絵画技法モダンテクニックの種類の1つ!幼児(保育園生、幼稚園生)や小学生、中学生誰でも楽しめる方法!

母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

こんにちは!母画家道Rinです。

中学校の美術の教科書や資料集にのっている絵画技法「モダンテクニック」。

偶然を生かした技法意図的な技法など、さまざまです。

 

中学校の美術の教科書や資料集にのっているイメージが強いかもしれないけれど、実は、小学生でも、幼児でも知らないうちに使っているものもあったりします。

 

例えば、貼り絵は、モダンテクニックの意図的な技法編コラージュと言われる技法です。

「モダンテクニック」なんていうとなんだか難しそうな響きだけど、全然、難しくありません。コツさえつかめば、幼児だって、小学生だって、できるものもたくさんありますよ。

ぜひ、中学校だけでなく、小学校の図画工作でも、保育園や幼稚園、認定こども園の幼児たちでも、子育て中のおうちでお子さんとだってできるものもあります!

 

そんなおもしろさを秘めているモダンテクニックの意図的な技法

 

コラージュ(貼り絵)

 

についてご紹介しようと思います。

 

意図的な技法の他にも、偶然を生かした技法もあるので、参考にされてください!

 

コラージュ(貼り絵)とは?

印刷物や色紙、ひも、布などなど、平面にはりつけたものをコラージュ(貼り絵)といいます。

 

①はりつけたいもの(印刷物や色紙、ひも、布など)を準備して、必要なところを切り抜き、どんな風にはっていくか決めます。

 

②どんなふうに貼るか決めたら、画面にはりつけていきます。

 

コラージュを使った絵本作家で有名なのが、

エリック・カール氏です。

「はらぺこあおむし」の絵本や絵は、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

エリック・カール氏がよく行ったコラージュ(貼り絵)の方法は、

トレーシングペーパーにいろいろな色で線や形を描いて、オリジナルの色紙をつくって、それを切り抜いて、使っています。

図工や美術の授業でも取り入れられる方法なので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

まとめ

今日は、コラージュ(貼り絵)のご紹介でした。

コラージュをするときのコツとしては、とくに印刷物のときは、ついついそのままの形に気がいってしまうけれど、部分的につかうおもしろさもあるので、いろいろな提案をすることが大切です。

例えば、紅葉した山をそのまま切り取って、使うのもいいけれど、その紅葉したオレンジの部分を切り抜いて、柿にしてもいいわけです。

また、ビルの写真があって、そのままビルとして、コラージュしてもいいけれど、ビルをロボットの足にして、切り抜いて貼ってもおもしろいですよ!

このように、印刷物は、そのままの形だけでなく、新たな視点で切り抜くのも、コラージュのたのしさでもあります!

ぜひ、コラージュの楽しさを味わってみてくださいね!

また、子ども造形教室では、コラージュ(貼り絵)を取り入れて

コラージュ(貼り絵)やジェッソでパフェを描こう!

という活動もしています!

よかったら、のぞいてみてくださいね!

ではでは、今日はこの辺で。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

また、別の記事でもお会いできると嬉しいです。Rinでした。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!