庭園設計士とは?美術を生かしたお仕事、クリエイティブな職種から適職を探そう。

こんにちは!母画家道Rinです。

美術を生かしたお仕事、クリエイティブな職種でお花や植物が好きな人の適職には、

 

フラワーデザイナーというお仕事がありますが、

他にも、

華道教授

植木職人

盆栽職人

庭師

庭園設計士

グリーンコーディネーター

ランドスケープアーキテクト

などがあります。

今日は、その中でも、

庭園設計士について、お伝えしていこうと思います!

庭園設計士とは?

庭園設計士とは、各家庭の日本庭園から、公共の緑地や公園などの設計・施工するお仕事です。

樹木や草、石や土、水などの知識がとても大切で、なくてはならないものです。

そして、病害虫や農薬など、環境への影響などの知識も必要とされます。

日本では、昔から素晴らしい庭園が造られてきたので、歴史への理解や関心も必要とされます。

そうした知識を生かしながら、お客さんの希望にあった設計を提案して、実際の工事の指揮や監督をしながら、自らもその工事の作業にあたっていきます。

資格がなくても、庭園設計はできます。

けれど、大学の土木学科や建築学科、専門学校のガーデニングデザイン学科などで、基礎知識を学んで、建築会社や庭園設計会社などに就職する場合が多いです。

就職先で、実務経験を1~5年積んで、

国家資格の造園技能士(1~3級)

造園施工管理技士(1~2級)

を取得する人が多いです。

このような資格は、公園や緑地の庭園設計や公共の施設での緑を管理する場合には、必要とされます。

これまでは、男性が多い職場だったけれど、ガーデニングブームなどもあって、女性の希望者も増えてきています。なかでも、イングリッシュガーデンは、人気があるそうで、イギリスへ留学して、庭園設計の知識や技術を学ぶ場合も、少なくないようです。

まとめ

自宅のお庭や公園や公共の場の緑は、とても癒やされますよね。

そうった生活に潤いをもたらせてくれるお仕事!それが庭園設計士なのですね。

庭園設計士には、植物はもちろん石や土や水、病害虫や農薬など、見た目だけでなくそういった植物が健康に育つように、手入れがしやすいようになど、考えて設計されているんだなと改めて感じました。

 

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!