美術を生かしたお仕事。クリエイティブな職種、プリンターとは?適職を探そう!

母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

こんにちは。母画家道Rinです。

 

美術は何のために勉強するの?

将来、美術を勉強してなんの役に立つの?

 

そういった質問を生徒たちから、されることもあるRinです。

 

美術を学ぶ意義はたくさんあるのですが、ここでは、わかりやすい美術を生かしたお仕事を紹介していこうと思います!

 

今回は、美術を生かしたお仕事の中から

プリンター

と言うお仕事についてお話しようと思います。

 

 

プリンターとは?

プリンターとは、芸術家・アーティストの指示に従って、シルクスクリーンやリトグラフなどの版画を刷るお仕事です。

 

美術系の大学で版画を学んだり、工房に弟子入りしたりして、この仕事に就く人が多いです。

芸術家・アーティストとの適切なやりとりがとても重要です。

それは、紙の選択やインクの調合の微細な違いなどが、作品の仕上がりに影響されるからです。

なので、この仕事には、精神面でも、作業面でも繊細さが求められます。

 

また、さまざまな画材や手法に対する研究や技術を保つ努力も必要です。

 

版画を刷るという作業は、肉体労働でもあり、加えてシンナーなど体に有害な物質を取り扱うので、体が丈夫で体力があることも重要です。

 

最近は、印刷技術の発達により、こういったアナログの版画を刷る工房自体が、減っていってしまっているのが現状です。

 

けれど、アナログの刷りでしか表現できないよさもあるので、少ないながらも、こういったアナログの刷りを続けている工房もあります。

 

まとめ

本当にプリンターというお仕事は、少なくなってきています。

それは、工房自体がなくなってきているかれだけど、やはり必要なお仕事だと思うので、ぜひ、大事に技術を引き継ぎながら、残ってほしいなと思うRinです。

他にも、

美術を生かしたお仕事22選

が参考になると思います。

絵画技法のモダンテクニック偶然を生かした技法

絵画技法のモダンテクニック意図的な技法

 

もよかったら参考にしてください!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!