重色とは?水彩絵の具を使うときに役立つ!中学美術や高校美術、小学校の図画工作の指導の参考に。混色や水の量も大事!

母画家道Rinこと、美術家で美術教師の甲斐香織です。

「ともに歩む」

「ともに歩む」自宅で療養中の奥様に、少しでも気分が明るくなるようにとご主人様から依頼を頂きました。 アクリル絵具で描きました。

こんにちは!母画家道Rinです。

今日は、重色についての記事です。水彩絵の具を使うときに役立ち、中学美術や高校美術、小学校の図画工作の指導の参考になればと思います!

混色や水の量も大事なポイントです。

では早速お伝えしていきます。

重色とは?

重色とは、紙などに重ねて描いたときの色の変化のことです。

紙の上でできる混色ともいえます。

 

重色は、水彩絵の具の独特の効果です。混色した絵の具で描くのとは、また違った色の深みがあります。

 

ただし、透明水彩で描く場合に、一番、重色の効果がでます

不透明水彩で描く場合は、下の色を隠してしまうので、その効果は水の量にもよるけれど、出にくいです。

小学校の絵の具セットによく入っている半透明水彩絵の具では、水を多くすれば、重色の効果がでるけれど、水をほとんどまぜなければ、重色の効果はでにくいです。

 

重色にも、パレットの上での混色と同じように色相の変化があります。

たとえば、赤色を最初に塗っておき、乾いた上に青色をぬると重なった部分が、紫色になります。

 

このように重色でできる中間色相は、混色の場合と同じように、重ねる色相の濃度や分量によって変わってきます。

 

重色の番外編「たまり」とは?

水彩絵の具を使うときに、水を多めにして透明度の高い色をつかうとき、

「たまり」ができます。

 

「たまり」ができるときはどんなときかというと、画面から筆がはなれるときです。

絵の具がその部分に「たまる」場合があります。

 

絵の具が乾いてくると、その「たまり」の部分が残って、すこし色味がつよくなったり、暗くなったり、にじんだりします。

これも、重色の効果にところがあり、水彩絵の具のおもしろさでもあり、味でもあるので、大切にしていきたいところです。

 

まとめ

今日は、水彩絵の具を使うときにぜひ知っておいてほしい

「重色」

 

についてお伝えしました。

透明水彩が一番効果が出やすいけれど、半透明水彩絵の具や不透明水彩絵の具でも、水の量を多めに混ぜれば、重色の効果も期待できます。

 

ぜひ、小学校の図画工作科や中学高校の美術、絵画教室などの指導のお役にたてるとうれしいです。

 

混色については、

参考に

絵の具の混色とは?

絵の具の混色の基本!三原色で色相環を簡単に楽しく学べる「いろのわドーナッツ」を図工やこども造形教室で実践してます

などもご覧ください!

また、こんな方法があるよ!こんな時はどうする?などのアドバイスや質問、疑問になどあったら、RinARTメンバーズにご登録していただくと、Rinとメールでやりとりができます。解除も数秒でできます。お気軽にどうぞ!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!