クリエイティブな職種、メディアアーティストとは?美術を生かしたお仕事の種類。適職を探そう!

こんにちは!

クリエイティブなお仕事!とってもかっこいいし憧れますよね!

そんな美術を生かしたクリエイティブなお仕事をご紹介していきます!

今回は

メディアアーティスト

というお仕事です。

では、早速いきます!

メディアアーティストとは

メディアアート(media art)は、作品に新技術を利用する芸術の総称的な用語として生まれました。映像や音やテキスト、またパフォーマンスなどにコンピュータ技術を応用して、組合せます。

 

メディアアーティストといっても、仕事の内容もいろいろで、定義は確立していないのが現状です。また、その表現形式や分野、カテゴリーも多岐にわたっています。

 

メディアアーティストになる人の経歴も、映像作家や美術家、音楽家、パフォーマーと呼ばれる身体を使った芸術家、CG作家、アニメ作家などいろいろで、こうすればなれるという方法や手段が決められているわけではありません。

 

だけど、メディアアートは、最先端の表現ジャンルなので、教育・鑑賞用メディアとして、注目されています。また、企業や自治体のモニュメントとして、さらには、玩具や遊戯設備に至るまで、商業化されることも多い分野です。

 

けれど、メディアアートやほかの商業芸術作品の展示、資料収集、保管、調査研究することを目的として政府より設立されようとした「国立メディア芸術総合センター」は、「国営マンガ喫茶」「アニメの殿堂」などど、揶揄されたりして、計画はお蔵入りになったそうです。

 

まとめ

今やメディアなくして、世の中は成り立たないくらいの影響力がありますね。

そういった中で、メディアアートが生まれたのも当然のような感じがします。

お蔵入りになった計画は残念だけど、いろいろな価値観や多様性を広げる場としても、悪くはないかなとおもうRinです。

他にも

他にも、

美術を生かしたお仕事22選

をご参考にしてください。

モダンテクニック偶然を生かした技法

モダンテクニック意図的な技法

も人気です。

最後までよんでくださりありがとうございました。

b

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!