軽量粘土でお寿司を作ろう。粘土工作、握り寿司や巻き寿司、軍艦!子どもの粘土工作、大人もハマる?!

こんにちは!母画家道Rinです。

Rinが取り組む子ども造形教室の様子です。

今回は、2回分(90分×2回)の内容になります。

内容は、軽量粘土を使ってお寿司を作っていきます!

握り寿司や巻き寿司、軍艦などから、こんなお寿司があったらな、、、、と創作お寿司まで現れる?!

粘土大好きな子どもたち、さてさてどんなお寿司ができるかな?

テーマ

お寿司をつくろう!

 

準備物

・軽量粘土

・簡易のお弁当箱

・粘土ベラ

・粘土板

・つまようじ

・カッター

・粘土板

・ストロー

・ニス

・新聞紙

・クリアファイル

・木工用ボンド

・折り紙

 

時間

90分×2回

 

活動のようす

①導入をします。最近の話題と絡めながら、子どもたちの意欲を引き出していきます。

T(先生)「お正月、たくさんごちそうを食べたかな?」

S(生徒)「おせちを食べた!」

S「お雑煮を食べたよ!」

S「お刺身を食べたよ!」

S「お寿司を食べたよ!」

T「そう!たくさんごちそうを食べたね!

先生もいろんなごちそう食べたよ!

それで、今日はそんなごちそうの中でも、みんな大好きかな?

にぎり寿司をつくってみるよ!」

S「お寿司大好き!」

T「じゃ、どんなにぎり寿司がすき?」

S「私は、たまご!」

S「ぼくは、サーモン!10皿くらい食べられるよ。」

S「私は、いくらとかっぱまき!」

T「そう!みんな大好きなお寿司があるんだね。

今日は、そんな大好きなお寿司やこんなにぎり寿司あったらおもしろいな!っていう自分で考えたにぎり寿司もつくっていくよ!」

②制作していきます。

(1)粘土を拳で隠れるくらいに大きさだけ、袋から出します。

使っていない粘土の乾燥を防ぐため、袋の入り口を折っておきます。

(2)少し伸ばしたり、練ったりして、感触を楽しみます。

シャリの大きさくらいにしていきます。

(3)細いストローを少しつぶして、米粒くらいの楕円の大きさにして、(2)で作ったシャリに米粒の型をつけていきます。このときに、きれいに並べず、色々な角度で詰めて型をつけていくと、ご飯の感じが出てきます。

(4)ひとつできたら、次のシャリをつくっていきます。

※カッパ巻きのような海苔巻きをつくりたいときは、シャリの形を筒状にして、同じようにストローで型をつけていくといいですね。

(5)ネタを作っていきます。

シャリより少し少ないくらいの粘土をとって、作りたいネタの色に合わせて絵の具を少量ずる粘土と混ぜて、粘土と絵の具が混ざるように練っていきます。

サーモンなど、練り途中でサーモンっぽくなるので、練り具合を調整すると面白いです。

また、白い粘土に混ぜるので、例えば、赤を混ぜるとピンクっぽくなります。真っ赤にしたいときは、混ぜずに表面に絵の具を塗るといいですよ。

また、海苔など平たく伸ばしたいものは、クリアファイルに挟んで平らに伸ばすと簡単です。

伸ばした粘土をハサミやカッターなどで切ることもできます。

(6)ネタをシャリにのせたり、海苔を巻いたりします。

粘土が乾いていない状態だったら、そのままつきます。

粘土が乾いてしまったら、木工用ボンドを少しつけるとくっつきます。

(7)お弁当箱にきれいに並べて、折り紙などで飾りもつけて、出来上がりです!

まとめ

今回は、みんな大好きなお寿司を軽量粘土で表現してみました!

シャリとネタというシンプルな構造ながら、そのネタの種類は無限大!

創作寿司も取り入れながら、世界に1つだけのお寿司セットができ上がりました!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!