【ARTの困りごと解決講座】プレゼント中!登録5大特典付き!

    

さらに2つの登録特典も!

かけたくなるキーフックを簡単手作りで鍵の紛失防止!夏休みの自由工作、図工や美術の題材、短時間教材にもオススメ。

こんにちは。母画家道Rin甲斐香織です。

今日はRinの主宰する「こども造形教室」のご案内です。

ついつい無くなりがちな家の鍵や自転車、車などの鍵。

お気に入りのキーホルダーもお家で迷子になりやすいですよね。

我が家は、こどもたちがガチャガチャ(回しておもちゃが出てくるアレです)でゲットしたお気に入りのキャラクターのキーホルダーをよく無くしますね。

そんな毎日のちょっと困ったやプチストレスを解消すべく、今回のテーマを決めました。

キーフックに鍵をかけるのが最初は面倒かもしれないけど、少し頑張って習慣にしてしまえばこっちのものです。玄関あけて帰宅したら自然と靴を脱ぐように、自然と鍵やキーホルダーがかけられるようになると素晴らしいですよね。

出かける時に、慌てて鍵を探すこともなくなり、スマートにお出かけできます!

図工や美術の題材、短期教材にもオススメです。

では早速、ご紹介していきます。

 

テーマ

かけたくなるキーフック

時間

90分×2回

 

準備物

コピー用紙(アイデアスケッチ用)

板材(10×15㎝や13×13㎝くらいの厚み1センチ前後のバルサ材など)

アクリル絵具の白

新聞紙

絵の具セット

金具(洋灯吊)3、4本/1人あたり

金具(丸ヒートン)2本/1人あたり

キリ

カーボン紙

 

活動のようす

導入

T(先生)「自転車の鍵や家の鍵、なくしたことはない?」

S(生徒)「ある!さがすの大変だった。」

T「そうだね。小さいから鍵ってなくなりやすいよね!

先生も、何度も鍵を探して大変だったことがあるよ。

そこで今日は、そんな困りごとを解決するものをつくります!

かけたくなるキーフック!です。

ついついかけたくなるようなお気に入りのキーフックをつくろう!」

 

展開

⑴ アイデアスケッチ用に白いコピー用紙に板の形を写し取る。板に名前をかく。

⑵ 板の上に吊り下げようの金具(丸ヒートン)2個を取り付ける場所に印をつける。

今回は、両端から2センチくらいのところにしました。

⑶ キリで浅めにさし、ネジの入り口をつくる。

⑷ 金具(丸ヒートン)を2カ所つける。

⑸ 板の表面と厚みの部分にアクリル絵具の白をぬる。

絵の具での発色をよくするため。

⑹ ⑴の紙にアイデアスケッチをし、金具の位置や配色まで決める。

金具は、ひっかけらるように位置や向きを注意して考える。

[1回目90終了]

⑺ カーボン紙でうつすか、直接アイデアスケッチをもとに下描きをする。

⑻ 水を少なめで板に彩色していく。

【水彩絵具を塗る基本的な順番】

白→淡い色や黄色→赤・青・緑・紫など→黒

広いところ→狭い(細かい)ところ

⑼ 絵の具を片付ける間に乾かす。

⑽ 乾いていることを確認して、金具の場所にキリで、入り口の穴を浅めにあけ、金具(洋灯吊3、4個)をとりつける。

  

完成

 

 

まとめ

今回は、自分が鍵やキーホルダなどのなくなりやすい大切な小物をかけられるキーフックをつくりました。ついついかけたくなるようなお気に入りのキーフックをつくることで、収納や片付けの習慣がつき、探す時間が減って快適な毎日になると良いなと思います。

使いやすいように、金具の位置なども工夫しました。

お家で大活躍すると良いです。

登録5大特典付き!【ARTの困りごと解決講座】をオンラインでプレゼント中!

【ART困りごと解決講座】

完全無料!オンラインで配信中!

今なら4大特典もプレゼント中!

さらに!!!

お家時間が楽しくなる!

スキマ時間がいかせるようになる!

オンラインで

【RinART教室】も開講!

詳しくは⇧をクリックしてください!

【オンライン絵画教室】RinART教室のご案内 ロングバージョン

【オンライン絵画教室】RinART教室のご案内 ショートバージョン
お家時間を楽しむ!スキマ時間が充実する!アート教室!!

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。母画家道Rinこと甲斐香織です! 「No Art No Life」美術をライフワークにする美術家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。 また、美術作品の制作にも、取り組んでいます。 お気軽にご覧ください!