粘土の種類!大人も子どもも大好き。粉末粘土もある!

いろいろな粘土があって、どれを使っていいかわからない。

など、粘土はつかってみたいけれど、このようなお悩みの声を聞くことがよくあります。

なので、今回は代表的な粘土のご紹介をしようと思います。

詳しくは、こちらもご覧ください。

粘土の種類

土粘土

信楽粘土

信楽粘土は、成形がしやすく、焼くと締まりがいいのが特徴です。

焼成すると白っぽい色になります。なので焼いた後で、アクリル絵の具をつけたり、釉薬をつけたて本焼きするときれいに発色します。

テラコッタ粘土

テラコッタ粘土は、素焼きをすると赤茶色のハニワのような色にしあがります。手触りもよく、あつかいやすいです。

彫塑用粘土

他の土粘土に比べて、安く手に入ります。天然原料の土でできています。伸びがよく繰り返し使えます。

重く、乾燥すると独特の質感があります。

乾燥後に絵の具をつけることもできます。

乾燥しやすいので、時々、乾燥具合を確認したりして保管します。

粉末のものに水を加えて作るものもあります。

共同制作や造形遊びなど、たくさん使いたいときにも、向いています。

Rinも授業や造形教室で使います!

また、焼成を目的としない立体作品を作るときにも向いています。

彫塑用粘土で作った作品は、石膏などで型取りすることができます。

紙粘土

以前は、パルプにのりを混ぜた紙粘土だったけれど、いろいろと改良されて、パルプに石粉などが混ぜられています。

乾燥すると固まり、絵具などで色をつけることもできます。

芯材が使用できる紙粘土が多いです。

木粉粘土(木くず入りの紙粘土)などもあります。木粉粘土は、パルプ、石粉に木粉を入れて作られています。木のような質感が魅力です。

絵具は、表面に塗るほか、紙粘土に混ぜて、色粘土として使うこともできます。

重みがあるので、土台として使うこともできます。

彫刻刀で彫れるものも、あります。

軽量粘土

非常に軽く柔らかくフワフワとしたものもあります。軽いので、モビールなどにも、向いていますね。

芯材が使えます。扱いは、紙粘土と同じです。

価格は、紙粘土よりも少し高めなものが、多いです。

木彫風粘土

彫刻刀やピーラー、ヤスリなどで、容易く削ることができる木彫タッチの粘土彫刻材です。

小学生にも扱いやすいです。

アクリル絵の具で、色をつけることができ、変形しにくいです。

液体粘土

紙粘土に水を加えて、液体状にしたものを液体粘土といいます。

石膏のように、カッチリと固まるけれど、乾燥がゆっくりなので、小学生にも扱いやすいです。

それに、石膏のようにとく必要がなくて、最初から液体で売られているので、すぐに使えて便利です。

液体粘土に絵の具を溶かして、色付きにすることもできます。

また、乾いた後に絵の具で着色もできます。

布などを浸したり、かけたりして、固めると面白いです。

色付き液体粘土で、絵を描いたり、コラージュ(貼り絵)にするのも、楽しいですね。

樹脂粘土

樹脂を主成分にした粘土です。薄く伸ばしたり細かいものを作ったりするのに、向いています。

Rinは、中学に美術の授業で、オリジナル和菓子を想像させて作らせるときに、よく樹脂粘土を使います。

和菓子のケースに入れて、展示すると本当に和菓子のような質感があり見間違えるほどです。

まとめ

今回は、図工や美術でよく登場する代表的な粘土について、ご紹介しました。

他にも、いろいろな粘土があるので、ぜひお試しください!

粘土は、大人から子どもまで、楽しめる扱いやすい素材です。

ただコネコネしているだけでも、面白い粘土、Rinも大好きです。

 

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!