写真スタジオで働く。美術を生かしたお仕事の種類。適職を探そう!

こんにちは!母画家道Rinです。

今日は

美術を生かしたお仕事、クリエイティブな職種の中の

写真スタジオで働く

お仕事についてご紹介しようと思います。

写真スタジオで働く、とは?

写真スタジオで働くお仕事とは、レンタルラボ、フォトスペースと呼ばれる写真スタジオで、お客様のニーズに合わせて必要な機材や設備をセッティングして接客のサービスにあたることです。

 

写真撮影だけでなくて、ビデオ撮影やフィルム撮影もできるようになっているスタジオもあります。

必要な資格や学歴があるわけではないけれど、カメラが好きなことやカメラ撮影に関する知識が最低限必要とされます。

もちろん、専門学校の写真科などで学んでおくことは、とても役立ちます。

 

また、スタジオを利用するお客様は、プロのカメラマンだけではなく、アマチュアのカメラマンも少なくありません。なので、用意された機材の使い方がわからなかったり、質問がきたりすることもあるので、笑顔で丁寧にフォローできる技術や接客態度も大切になってきます。

 

なので、カメラの知識を深めたい、一流のカメラマンの仕事を間近で関わりたい、学びたい、そのセンスを自分も磨きたいと考えている人には、絶好の仕事場だと言えます。

 

まとめ

写真スタジオで、さまざまなカメラマンに接することで、そのカメラマンの技術やセンスを目の当たりにできるのは、とても貴重な場所ですね。

カメラの知識も学べるので、カメラマンを志している人にも、いい環境ですね。

また、アマチュアの人にも、説明したり教えたりすることで、さらに自分の知識や技術が確かなものとなり自分の勉強にもなりますね。

美術を生かしたお仕事の種類、クリエイティブな職種は他にも、

美術を生かした仕事の種類!適職を探そう。写真館経営とは?

舞台照明とは?美術を生かした仕事の種類。クリエイティブな職種、適職を見つけよう!

美術を生かした仕事の種類。適職を探そう!風景カメラマンとは?

美術を生かした仕事の種類。適職を探そう!動物カメラマンとは?

美術を生かした仕事の種類や適職。キャラクターデザイナーとはどんなお仕事?

などもあります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!