モダンテクニックドリッピング(吹流し)の技法を使って 絵の具に親しもう!

こんにちは。母画家道Rinです。

モダンテクニックの技法のひとつ
ドリッピング(吹流し)を使った
子ども造形教室の活動のご紹介です。

スパッタリングは、

絵画的技法モダンテクニックの偶然を生かした技法です。

ドリッピング(吹流し)とは

水を多めにといた絵の具を筆に
染み込ませ、直接絵筆で紙に描くのでは
なく、絵筆から絵の具をたらして描く
絵画描法でモダンテクニックの技法の
一つです。
撥ね、散らせる、滴らせる(したたらせる)=dripから
ドリッピングというそうです。
また、流し込む=pourからポーリングとも
いうそうです。
教科書にはドリッピングと掲載される
ことが多いですね。

準備物

○絵の具セット
○筆洗器
○A4画用紙
○ストロー 細く短いタイプのもの
○新聞紙
○バケツ
○8つ切色画用紙
○名札

テーマは

「ふっーとふいたら!」

活動の流れ

①水でいっぱいにといた絵の具を
画用紙にたらします。

②ストローで、ふっー!と吹いて
みると、、、絵の具が広がって
いきます。ストローは、細く短めの
ものがいいです。少ない息で勢いよく
空気をおくりだすことができるからで
す。太いものや長いものだと酸欠に
なってクラクラしてしまうかも
しれないので、気をつけましょう!

③画用紙を少し傾ける方法もストロー
とはまた違った感じで広がったりして
面白いです。

④広がる中で、絵の具が混ざって
新しい色ができたり、マーブルの
ようになったりと偶然の楽しさが満載
です。

⑤2枚目、3枚目と取り組んでいきます。

⑥出来上がった作品をいろいろな
角度からみて、みたてなどをしながら
作品のタイトルを考え、名札を書きます。

⑦好きな色の台紙に貼って名札を
つけて完成です。

色の持つ魅力を感じられるどリッピング!

自分で色を作ったり、画用紙の上で
混ざるのを楽しんだり。できた作品から
題名を考えそれぞれしっかりと想いを
込めて制作していることに驚かされました!

造形教室では、はじめての絵の具で
したが上手に準備、後片付けが
できました。はじめての絵の具でも
モダンテクニックの技法のひとつ
ドリッピング(吹流し)は
遊びの要素が多いので
抵抗なく取り組み安いと思います。
混色なども、体験的に経験できるので
色の持つ魅力を感じることができると思います。

まとめ

絵画的技法モダンテクニックの偶然を生かした技法

のひとつ

ドリッピング(吹流し)

についてご紹介しました。

偶然を生かして取り組めるので、小さな幼児や小学生はもちろん、少し絵の具に苦手意識のある中学生にもとても楽しめる技法です。

絵画技法やモダンテクニック、なんていうとなんだか難しい感じがするかもしれないけれど、そんなことは全くありません。

幼児から、小学生、中学生、大人だって誰だって楽しめる方法です。

効果的に使えば、雨のような表現ができたり、ドリッピングから発想を広げて、何かに見立てたりしたり、流血を表現したり、と様々な表現方法ができますよ!

そして、偶然できる色の混ざり合いやにじみもとても綺麗です!

ぜひ、やってみてください!

最後まで、読んでくださりありがとうございます!

Rinでした!

 

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!