CGクリエーターとは?美術を生かしたお仕事。クリエイティブな職種。適職を探そう!

こんにちは。母画家道Rinです。

美術を勉強して何の意味があるの?

将来何の役に立つの?

なんていう質問を子ども達からされることもあります。

美術や図工が直接的に仕事や生活に生かせなくても、そこで培われた豊かな感受性や表現する喜び、達成感などは、より豊かに生きていく上でとても大切な力です。

そういった美術のコアな目的ももちろん大事ですが、職業として直接的に生かせるものも、ご紹介していこうと思います!

美術を生かしたお仕事の1つ。

CGクリエーターについてお話していきますね。

CGクリエーターとは?

CGクリエーターとは、CG(コンピュータグラフィックス)を使って、画像やイラスト、動画などを作り出すお仕事です。

 

CGクリエーターの活躍の場は、テレビやテレビゲーム、映画、ウェブサイト、デザイン、イラスト、アニメーション、CD-ROM等のほかにも、建築や機械設計、工芸デザイン、科学研究のシュミレーションなどなど、幅広いです。

 

大学や専門学校でデザインやCGデザインコースを専攻して、卒業後、映像関連や出版関連の制作プロダクション、広告代理店、テレビ局などに就職する場合が多いようです。

 

忙しいときには、何日も徹夜で作業が続くこともあるので、体力と持続力、集中力が必要なお仕事だと言えます。

また、CGを使いこなす技術力とともに、発想力もとても必要な力です。

 

そして、つくりたいものを追求していくと、デザインだけでなくプログラミングまでも手掛けるCGクリエーターもいるそうですよ。

 

関連する資格として、CGクリエイター検定があります。

3級は初心者レベル、2級は1年ほど経験した人のレベル、1級が取れれば、プロ並みとして認めてもらえるそうです。

 

まとめ

CGクリエーターといっても、その分野は多岐にわたるので、それぞれの現場で学んでいくことが大切だとわかりました。

また、専門の知識や技術は、もちろん、徹夜での作業にも耐えられるだけの体力や持続力、集中力などもとても重要ですね。

そのためにも、高い志やモチベーションの維持も大切になってきます!

これからも、まだまだ必要とされる職業のひとつですね。

他にも、

美術を生かしたお仕事22選

をご参考にしてください。

モダンテクニック偶然を生かした技法

モダンテクニック意図的な技法

も人気です。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!