プロダクトデザイナーとは?美術を生かした仕事の種類。クリエイティブな職種。適職をみつけよう!

こんにちは!

母画家道Rinです。

今日は、美術を活かした仕事、クリエイティブな職種のご紹介です。

美術を生かしたお仕事ってどんなものがあるの?

あまりにマニアックすぎてわからない分野の職種でもあります。

今日は、その中でも、職種としてはマニアックだけど、誰もがお世話になっている

プロダクトデザイナー

のお仕事についてお話ししていこうと思います!

では、早速、いってみます!!

プロダクトデザイナーとは?

プロダクトデザイナーとは、プロダクト=製作物をデザインするお仕事です。建築物以外のモノをすべてデザインします。

なので、本当の意味では、インダストリアルデザイナー(工業デザイナー)もこの中に含まれることになります。

けれど、最近は

自動車や飛行機、教務用機器、光学機器、家電製品、医療機器などを

デザインする人

インダストリアルデザイナー

 

家具や食器、パッケージ、文具や雑貨などのデザインする人

プロダクトデザイナー

 

と呼ぶことが多くなっています。

とくに最近では、文房具や雑貨、パッケージなど、生活の周りにあるモノをデザインするお仕事が、女性を中心に人気が出てきています。

日本の最近の文化で世界でも通じる「かわいい」がキーワードになっていて、人気商品もたくさん生まれています。

 

だけど、「かわいい」製品のデザインをするためには、デザインの基本を学んで、

思考錯誤を重ねて

「考え抜く力と才能」

がとても大切です。

なので、できあがる「かわいい」作品とは裏腹に、「かわいい」とはかけはなれたとても、シビアな世界です。

 

一般的には、大学のデザイン科、デザイン系の専門学校で学んだ後、各メーカーのデザイン部門や広告代理店、デザイン事務所などに就職することが多いです。

 

けれど、実務の経験が問われ、即戦力が求められる世界でもあるので、小さなデザイン事務所で仕事を覚えようとする人も多いようです。

まとめ

プロダクトデザイナーといっても、家具や食器から、文房具、雑貨、パッケージなどなど様々な分野があります。

ただ自分が作りたいものをつくるのではなく、「かわいい」など世の中が求めているモノや流行などをキャッチしつつ、使いやすさや安全性、環境にやさしいなども考えて行かなくてはなりません。

とても、努力と才能のいるお仕事だけど、自分がつくったモノを使って、誰かを幸せにできることは、とてもやりがいがあると思います。

美術を生かしたお仕事の種類、クリエイティブな職種は、他にも、

ゲームグラフィックデザイナーとは?美術を生かしたお仕事。適職を探そう!

美術を生かした仕事の種類。看板職人とは?クリエイティブな職種で適職を探そう!

美術を生かした仕事の種類!適職を探そう。写真館経営とは?

美術を生かした仕事の種類。適職を探そう!装丁家とは?

美術を生かした仕事の種類。適職は?モデル製造、モデラー、モデルビルダーとは?

などもあるので、参考にされてください!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

【相談受付中!RinARTメンバーズ】

 


RinARTメンバーズ
e-mail

ABOUTこの記事をかいた人

rinart

こんにちは。母画家道Rinです! 「No Art No Life」美術をライフワークにする画家です。 こどもから、大人まで美術を楽しんでもらえるようなサイトを目指しています。 今まで10数年2000人以上をみてきた美術教師の経験や知識をお伝えする中で、 少しでも、美術って楽しい!と身近に感じてもらえると嬉しいです。 三兄弟の子育て中でもあるので、そういった子育て、夫育て、家づくりなどに ついても、更新しています。お気軽にご覧ください!